JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中部大会優勝者インタビュー/女子K-1&女子SQT

20060808215119.jpg


■中部大会優勝者インタビュー/女子K-1クラス優勝・女子SQTクラス優勝■

●優勝 石田元子選手

注:石田選手はK-1とSQTとふたつのクラスで優勝したため、
二つ会わせた回答となっています。

Q:優勝した感想、気分は?
K-1/素直にめちゃくちゃうれしいです。
SQT/女子が成立して嬉しいです。


Q:優勝はともかく、今大会の自分の出来は何%くらいですか?
K-1/ひやひやの予選・・・決勝はう~ん、あれが今の実力だから100%なのかな・・・
SQT/現状の100%です。


Q:自分でイメージしていたプレイはできましたか?
K-1/出来ていません。(練習チャンピオンになるところでした)
SQT/半分ぐらい出来ました。


Q:今シーズンの具体的な目標は?
   ランキングor選考会、他
K-1/残すは選考会だけですから、選考会でいい成績が出したいです。
SQT/次回もあるのかな・・・?


Q:大会に参戦して何年目ですか?
K-1/今数えると・・・11年・・・長いなぁ~・・・
SQT/これはいつだろう・・・?99’からかな・・・8年目?


Q:月にフリースタイルの練習をする回数は?
K-1/決めていませんが、たぶん6日ぐらい
SQT/月に1日ミステリーに行けばいいほう。アラウンドは・・・大会前日・・・


Q:普段の練習ゲレンデは?
K-1/長良かな・・・
SQT/気田川、豊川


Q:好きなムーブは(出来る、出来ないに関係なく)?
K-1/ パンナム!やってみたい
SQT/10秒以上のミステリー&トリプルループ


Q:今、ブレイで取り組んでいるテーマは?ムーブは?
K-1/出来ることは確実に決めること。
    カート、スプリット、ループ、エアーループ、ブラントかな。
SQT/右の技が苦手なので要練習


Q:フリースタイル競技を始めるきっかけは?
   併せてカヤックを始めたきっかけは?
A:1995年に木尾で行われたジャパンカップを見てかっちょいい~と思ったから。
  (EJとジムが来ていました。カートを見てすごいと思った)


Q:最初の大会の成績は?
K-1/えー・・・昔過ぎて覚えていません。96年からだったと思います。
SQT/99’のワールド(ニュージーランド) 3位


Q:ここまでの自分の成績について、どう思いますか?
K-1/まずまずだと思います。

Q:国内・海外問わず、好きな選手は?(プレイスタイルor他の理由)
A:好きというより尊敬している方々です。
  ・K-1 コラン・アディソン氏。 
   コランの才能がなければ今のボートの進化はなかったと思います。
   異端児のような印象を持ている方もいると思いますが、とても気さくで優しくて、面白くて、ちょっぴり???
   スケベで・・・カヌーのプレイも、プレイベーも最高にセクシーで大好きです。
  ・貝本氏
   まったく漕げなかったころからいろいろ教えて頂きました。
   厳しかったような気もしますが・・・あの日々がなければ今の私はなかったと思います。
   この場をお借りして「ありがとうございました。」
  ・SQT ジム・シュナイダー氏。
   SQTの発案者!子供みたいにはしゃぎながらミステリーしている姿が好きです。
   ジムがいなかったらSQTこんなにはまってなかったですね。
   98’渡米。一ヶ月ほどジムさんの家に居候をさせてもらいSQT漬けの日々!そしてボートをプレゼントしてくださいました。
   そのボートで99’ワールド女子SQT3位。出来すぎですね。


Q:現在使用しているカヤックは?
    他のギアについても/パドル、スプレー、PFD、ヘルメット、ウェア
K-1/プロジェクト45 スター
    ブラックダイヤモンド(188ストレート スモールシャフト)
    スナップドラゴン
    ロータスのローライダー
    SWEET
    IR ロータスのウェアが多いです。
SQT/スパイ ジムスティック マウンテンサーフのスプレー


Q:上手になるためには、何が必要?
K-1&SQT/うまくなりた~いという情熱。

Q:フリースタイル競技の面白さとは?
A:なかなかうまくならないところ。
 (なんとか出来るようになってやるーって思えるところ。)


Q:後、何年、選手を続けますか?
A:昨年一度やめてますからね・・・考えていません。

Q:フリースタイル競技を目指すひとにアドバイスを
A:誰よりもフリースタイルを好きになることかな。

Q:身長、体重、年齢
A:みんな意外と正直に答えてますね・・・
  149.7センチ 49キロ(デブ?) 33歳


Q:カヤック以外の趣味は?
A:バックカントリー(スノボ・スキー) ウエイクボート、クライミング 

Q:女子SQT選手が増えましたが。どう思いますか
A:嬉しいです。いつも男子と一緒の大会でしたからね。
  もっともっと増えてくれるといいですね。


Q:先シーズン、大会から離れていた理由は
A:02’ごろからいろいろあって、精神的に疲れていたように思います。
  結果につながらなかった04’を過ごし、一度リセットしたかったんです。
  今年参戦を決めたのは、今年サポートをしてくださっている「Whit Junkie」の店長、中村さんが
  大会に参戦するきっかけと、チャンスを与えてくださったからです。


●石田元子選手のこれまでの成績●
◆K-1クラス
・1998年:年間1位(パーセプ1位、関西1位、全日1位、東北1位、パタゴ1位、中部1位、関東1位、JO1位)
・1999年:年間2位(関西1位、JO3位、中部1位、全日1位、JO3位)
・2000年:年間1位(関西1位、北陸1位、九州1位、中部1位、KAVU1位、全日1位)
・2001年:年間2位(東北1位、北陸1位、中部3位、全日2位、JO1位)
・2002年:年間1位(東北1位、北陸1位、全日1位)
・2003年:年間4位(東北3位、北陸1位、関東3位、全日3位)
・2004年:年間1位(東北5位、北陸1位、中部1位、四国歩危1位、全日3位、選考会4位)


注:1997以前については調査中です。ただし、優勝はありません。

●通算優勝回数:28

◆SQTクラス
・2002年:年間7位(北陸4位-4/8、全日6位6/10)
・2003年:年間9位(関東4位-4/8)
・2004年:年間8位(全日5位-5/7)


注:SQTは1999年より参戦。上記リザルトは男子SQTクラス参戦での記録です。

写真提供:武田俊輔
スポンサーサイト

関東大会優勝者インタビュー/女子K-1

>20060707200054.jpg

20060811121847.jpg


■関東大会K-1クラス優勝者インタビュー/女子K-1クラス■

●田中伴恵選手(チーム・ファンテック)

Q:優勝した感想、気分は?
A:びっくりしました!!
  地元長瀞だけにとてもうれしいです。
  ファンテックのみんなや友達が応援してくれて、ほんとに力をもらいました


Q:優勝はともかく、今大会の自分の出来は何%くらいですか?
A:今現在もってる力を100%だしきったので、後悔はありません。

Q:自分でイメージしていたプレイはできましたか?
A:左カート一本にかけました。

Q:今シーズンの具体的な目標は?
  ランキングor選考会、
A:選考会が目標ですが、自分に満足いくプレーを目指しています。

Q:大会に参戦して何年目ですか?
A:3年目です。

Q:月にフリースタイルの練習をする回数は?
A:ラフトやカヤックスクールの仕事が終わって、いつもだいたい漕いでいました。

Q:普段の練習ゲレンデは?
A:長瀞です。

Q:好きなムーブは(出来る、出来ないに関係なく)?
A:出来ませんが、連続カートホイルからのクリーンカート、スプリットなどの
  連続技にあこがれます。


Q:今、ブレイで取り組んでいるテーマは?ムーブは?
A;左右連続カートホイルです。

Q:フリースタイル競技を始めるきっかけは?
   併せてカヤックを始めたきっかけは?
A:8年ぐらい前に岡部純子さんとカナディアンカヌーに行こうと誘われて
  ファンテックでカヤックに出会いました。
  しかし、私は数回通ったのですが、せいごの瀬を沈脱し、生まれてはじめてもまれ
  こんな怖いことはしないと心に誓い遠ざかっていたのですが
  3年前に岡部さんから長瀞遊びに来ないという一言で、もう一度カヤックをはじめ
  ファンテックのスクールに通いました。


Q:最初の大会の成績は?
A:2004年の東北大会です。
  成績は下の方です。


Q:2ここまでの自分の成績について、どう思いますか?
A:もっとがんばります!!

Q:国内・海外問わず、好きな選手は?(プレイスタイルor他の理由)
A:フリースタイルを教えてくれた師匠の木村哲也さんです。
  木村君のようなアグレッシッブな漕ぎが目標です。


Q:14現在使用しているカヤックは?
   他のギアについても/パドル、スプレー、PFD、ヘルメット、ウェア
A:もちろんピラニアのS6です。
  パドル/ロッチフォート
  スプレー、PFD、ウェアは、ピークUKです。
  ヘルメットはシュレッドレディーです。


Q:上手になるためには、何が必要?
A:心技体とうまくなりたいという強い気持ち

Q:フリースタイル競技の面白さとは?
A:できなかったことができるとうれしいしおもしろい。

Q:後、何年、選手を続けますか?
A:続けられるだけチャレンジしていきたいです。

Q:フリースタイル競技を目指すひとにアドバイスを
A:カヤックが好きで、うまくなりたいっていう強い気持ちをもって
  漕ぎまくりましょう!!


Q:身長、体重、年齢
A:167センチ、53キロ、32歳

Q:カヤック以外の趣味は?
A:食べること、ダンス ロングスケート

●田中伴恵選手のこれまでの成績
・2004年:年間ランキング8位(東北11位、関東8位、中部10位、四国歩危3位、全日9位、選考会9位)
・2005年:年間ランキング7位(中部7位、関東6位、全日4位)


●通算優勝回数:1回



◆優勝者インタビューは同じ選手が複数回、優勝した場合でも一回のインタビューとしますので、了承してください。
なお選考会は除きます。


四国本山大会優勝者インタビュー/女子K-1

junspinhole060528.jpg


■四国本山大会優勝者インタビュー/女子K-1クラス■

●岡部純子選手(チームKayakS)  

Q:優勝した感想、気分は?
A:純粋にうれしかったです。 今年の大会はまだ不発だったので。

Q:優勝はともかく、今大会の自分の出来は何%くらいですか?
A:現状から言えば30%くらい。 前日の練習から言えば100%かな?

Q:自分でイメージしていたプレイはできましたか?
A:今回、四国大会は初めてだったので他の選手の動画をみてイメトレして行きました。
実際にのってみてギャップがすごくてとまどいました。練習日よりはまぁまぁよかったとは思いますが、最初のイメージのようにはまったくうまく行きませんでした。
もっともっと練習が必要なことがわかりました。いつもですが


Q:今シーズンの具体的な目標は? ランキングor選考会、他
A:TEVAカップの残り2戦・優勝と選考会の優勝。
ワールドカップのどこかの大会でヒトケタの成績。


Q:大会に参戦して何年目ですか?
A:なにげに8年目・・・?。

Q:月にフリースタイルの練習をする回数は?
A:去年からは週2回。 
日没が遅くて長瀞に水があれば平日の夕練。
その前の6年間は週5~6日。


Q:普段の練習ゲレンデは?
A:長瀞・スピンホール。
今のほとんどのホール技はスピンホールで習得しました。


Q:好きなムーブは(出来る、出来ないに関係なく)?
A:自分でするならループ、ブラント (飛ぶのがいい)
見るならバックスタブ、トリッキーウー(男子がきめてるとグッときます)


Q:今、ブレイで取り組んでいるテーマは?ムーブは?
A:テーマはキレイにのること。
ムーブは今年の残りの大会がホールばっかりだからループの確立をあげること。


Q:フリースタイル競技を始めるきっかけは?
A:カヤックスクールがファンテックでした。
イントラは当時の日本代表選手、小倉・木村・野村選手。
当然、気が付いたらスピンホールです。


Q:カヤックを始めたきっかけは?
A:OL時代にアウトドアスポーツの楽しさを教えてくれた友達かな。L.L.Beanのアウトドアプログラムの常連でした・・・。
特に小林幸一郎さんにはお世話になりました。
現在、視覚障害者のためのクライミングNPO法人(http://www.monkeymagic.or.jp/)の代表をされています。
私も時間があればクライミングもやって行きたいんですけどね。


Q:最初の大会の成績は?
A:99年の関東大会。6人くらい中、5位でした。
カヤックをはじめてちょうど1年目くらいでスピンが2回くらいできた頃。
ブレードじゃ長いからアタックで出場しました。
スピンが2回以上回る女子にはこれからドンドン大会に出場してほしいですね!


Q:ここまでの自分の成績について、どう思いますか?
A:カヤック8年で今のままでは全然ダメダメだと思います。
もっと練習が必要だと思う。
でも一個人の岡部純子にしたらよくがんばってるんじゃないかな?(自分に甘いので)


Q:国内・海外問わず、好きな選手は?(プレイスタイルor他の理由)
A:マイナーにミーハーなので、
エリック・サウスウィックはダイスキ!でした。
EJとかのヒーローっぽさはなかったけどフツーにかっこよくてスキ。
ニッキー・ケリーはフリースタイルもかっこいいし、ダウンリバーもラフトもうまいしステキな女性です。
筋肉ムキムキなのにキャミソールとかわいいスカートを着てる時点で憧れます。
あとは世界の地方系パドラー、オージーのアンソニー・ヤップ、アンドレ・ハンマーもスキです。


Q:現在使用しているカヤックは?
  他のギアについても/パドル、スプレー、PFD、ヘルメット、ウェア
A:PFD・ウエア/ロータスデザインズ
  カヤック/ジャクソンカヤック・スター
  パドル/ワーナー・ダブルダイヤモンド188cm
  ヘルメット/スィート、ガス


Q:上手になるためには、何が必要?
A:うまくなりたい!カヤックがダイスキ!という気持ちと少々の根性と気合。

Q:フリースタイル競技の面白さとは?
A:私にとっては自己表現が思いっきりできる場だし、日本でも海外でもコレを通して友達ができること。
簡単にはうまく行かないこと、がんばればがんばっただけうまく行くことかな?


Q:後、何年、選手を続けますか?
A:後何年かはわかりませんが、今の気持ちで望んでいる自分と、別の気持ちで望む自分がいると思います。

Q:フリースタイル競技を目指すひとにアドバイスを
A:まずは大会にでてみてください!
私も最初の大会はスピン2回くらいしかできませんでした。
でも楽しかった。でればでるほどもっとがんばろーって思ったし。
うまくなっていったと思います。
観客としてトップ選手を見るのと、参加して同じエディーでトップ選手を見て感じ取るのはぜんぜん違いますよ!
いろいろ勉強になります。今もなってます。


Q:身長、体重、年齢
A:155cm 55kg 30歳

Q:カヤック以外の趣味は?
空手、ハリーポッター、料理、ビール、衝動買い、マリオカート。

●岡部純子選手のこれまでの成績●
・1999年:年間ランキング11位(ピラニア5位、関東6位)
・2000年:年間ランキング6位(中部10位、関東3位、ピラニア7位、KAVU2位、全日5位)
・2001年:年間ランキング6位(東北5位、中部5位、関東3位、全日6位、JO5位)
・2002年:年間ランキング3位(東北4位、中部3位、関東2位、九州1位、全日7位)
 注:年間ランキング1位が2名のため3位。
・2003年:年間ランキング1位(東北9位、関東2位、中部1位、全日1位)
・2004年:年間ランキング4位(東北7位、関東3位、中部5位、全日1位)
・2005年:年間ランキング1位(北陸8位、中部1位、関東1位、全日1位) 

◆通算優勝回数:7勝

◆海外での成績
・2003年:世界選手権オーストリア・グラーツ大会/42位
・2004年:プレ世界選手権オーストラリア・ペンリス大会/10位
・2005年:世界選手権オーストラリア・ペンリス大会/14位


20060608155846.jpg

北陸大会優勝者インタビュー/女子K-1

■北陸大会優勝者インタビュー/女子K-1クラス■

●優勝 真鍋由紀選手

Q:優勝した感想、気分は?
A:地元での初優勝はとても最高です!
応援して下さった方々、ありがとうございました☆


Q:優勝はともかく、今大会の自分の出来は何%くらいですか?
A:99%

Q:自分でイメージしていたプレイはできましたか?
A:はい。妄想どおりぐるんぐるんでした。

Q:今シーズンの具体的な目標は?
  ランキングor選考会、他
A:これから上位にからんでいきます。

Q:大会に参戦して何年目ですか?
A:たぶん3年?です。

Q:月にフリースタイルの練習をする回数は?
A:回数は決めてません。乗れる時に乗ってます。

Q:普段の練習ゲレンデは?
A:井田川、手取川、犀川

Q:好きなムーブは(出来る、出来ないに関係なく)?
A:ブラント、スピン。

Q:今、ブレイで取り組んでいるテーマは?ムーブは?
A:太ももの太さ(私、風船がいらないんです。)メンタルコントール。ボートコントールとあごの向き。

Q:フリースタイル競技を始めるきっかけは?併せてカヤックを始めたきっかけは?
A:フリースタイルは木村さん(シークトルース)のすすめで始めました。
カヌー自体は近所の高校の部活に入ったのがきっかけです。


Q:最初の大会の成績は?
A:覚えてないです。
でも、初めは井田だけ出てた気がします。


Q:ここまでの自分の成績について、どう思いますか?
A:あわよくば的なとこが多少あったと思います。運もいいんです。

Q:国内・海外問わず、好きな選手は?(プレイスタイルor他の理由)
A:八木選手、石原選手、鈴木タカシ選手。
華があるところですかね。


Q:現在使用しているカヤックは?
   他のギアについても/パドル、スプレー、PFD、ヘルメット、ウェア
A:ボート:ジャクソンカヤックスター☆
パドル:ダブルダッチ、ギア:ボンバーギア


Q:上手になるためには、何が必要?
A:楽しむこと。限界をつくらないこと。謙虚であること。

Q1:フリースタイル競技の面白さとは?
A:終わってみないとわからないとこ。MCが面白いところ。

Q:後、何年、選手を続けますか?
A:まだやれる!と思うまでです。

Q:フリースタイル競技を目指すひとにアドバイスを
A:逆にアドバイス欲しいくらいですね。井田は楽しいですよ。

Q:身長、体重、年齢
A:155Cm、55Kg、29歳

Q:カヤック以外の趣味は?
A:家政婦SUのレポートを読む事です。
今回のレポートも早く読みたいなぁ~と思っています。


●真鍋由紀選手のこれまでの成績●
・2004年:年間ランキング13位(北陸9位、中部13位、全日13位、選考会11位)
・2005年:年間ランキング 5位(北陸5位、中部5位、関東4位、全日11位)

東北大会優勝者インタビュー/女子K-1

■東北大会優勝者インタビュー/女子K-1クラス■

20060421161813.jpg


●優勝 加藤むむ選手(チーム・ボンバー)

Q:今シーズンの第1戦を優勝でスタートしての感想は?
A:優勝した上、じゃんけん大会でもM3をいただけて本当に運がよかった。

Q:優勝はともかく、今大会の自分の出来は何%くらいですか?
A:実力の30%くらい

Q:自分でイメージしていたプレイはできましたか?
A:スピンだけまあまあイメージどおり。

Q:今シーズンの具体的な目標は?ランキングor選考会、他
A:全試合優勝!

Q:大会に参戦して何年目ですか?
A:5年目?

Q:月にどの程度、フリースタイルの練習をしますか?
A:土・日・祝日のみ。

Q:普段の練習ゲレンデは?
A:オフシーズンは御岳、試合シーズンは試合会場か水のある所へ。

Q:好きなムーブは(出来る、出来ないに関係なく)?
A:ループ

Q:今、ブレイで取り組んでいるテーマは? ムーブは?
A:ブラント、トリッキー、ゴジラなど。

Q:フリースタイル競技を始めるきっかけは? 併せてカヤックを始めたきっかけは?
A:フリースタイル競技を始めたのは、もともとスラローム競技をやっていたから、
  カヤックを始めたきっかけは、暇だったから。(good!)


Q:最初の大会の成績は?
A:覚えていません。

Q:ここまでの自分の成績について、どう思いますか?
A:フリースタイルを始めてから試合運が良くなった。
  でも中途半端かな。去年は2位ばっかりだったし。


Q:国内・海外問わず、好きな選手は?(プレイスタイルor他の理由)
A:ダン・ジャクソン。見ていて面白い。

Q:現在使用しているカヤックは?
A:ジャクソン・カヤックのスター

Q:他のギアについては?
A:パドル:ダブルダッチ(グラスパドル)
  スプレー:ボンバーギア
  PFD:Kokatat PFD OrbitTour
  ヘルメット:GATH GEDI(ジェダイ)
  ウェア:ボンバーギア


Q:上手になるためには、何が必要?
A:どのレベルの上手になるための話でしょうか?
  ある程度上手くなるにはとりあえずは乗った回数によります。
  それ以上は、楽しく乗り続けられるかどうかかな。


Q:試合に勝つためには、
A:効率の良い練習。いろいろな場所で練習すること。試合慣れすること。
  試合を楽しむこと。


Q:フリースタイル競技の面白さとは?
A:一つの技を完成させたときの満足感。
  試合では、自分なりに技の組み合わせを考え、得意な技で臨めるから。


Q:後、何年、選手を続けますか?
A:30歳になったら別なことを始めるはずだったけど・・。
  新しい技に挑めなくなったらかな。


Q:フリースタイル競技を目指すひとにアドバイスを
A:がんばれー。

Q:身長、体重、年齢(失礼!)
A:161cm、55kg、31歳

おまけQ:20カヤック以外の趣味は?
A:料理

●加藤むむ選手のこれまでの戦績●
 ・2001年:年間ランキング7位(北陸2位、関東4位、全日5位)
 ・2002年:年間ランキング5位(東北7位、北陸4位、中部2位、関東5位、全日3位)
 ・2003年:年間ランキング3位(東北7位、北陸4位、関東1位、中部4位、全日2位)
 ・2004年:年間ランキング2位(東北1位、北陸2位、関東2位、中部4位、全日2位)
 ・2005年:年間ランキング2位(北陸2位、中部2位、関東11位、全日2位)

◆通算優勝回数/3回

◆今年のサーキット各大会の各クラスの優勝選手に今後もインタビュー
を行い、掲載していきます。


プレイの写真は昨年の全日の時のもの。集合写真は東北大会の女子K-1の表彰式(中央:加藤むむ選手)

20060421164037.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。