JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006Tevaサーキット総合優勝者インタビュー

■Tevaサーキット総合優勝者インタビュー■

2006年ジャパン・フリースタイル・カヤックTevaサーキット全5戦が終了いたしました。
各クラスの年間総合優勝者のインタビューです。


●女子K-1クラス年間総合優勝/加藤むむ選手

Q:年間総合のチャンピオンになっての感想は
A:うれしかったです。今年こそはと思って全試合に出場した甲斐がありました。

Q:年間総合チャンピオンは今年で何度目ですか
A:初めてです。

Q:3.今シーズンのコンディションやプレイそのものははどうでしたか
A:井田川の大会では地元、真鍋さんのスーパープレーに太刀打ちできなかったし、
  長良川の大会では、予選落ちしたりとあまり良いとは言えません。


Q:4.今シーズンの試合で快心の試合は、プレイは
A:なかったですねー。

Q:今後の目標は
A:予選からいい結果を出したいです。
  もっと優勝したいです。


Q:来年のTevaマウンテンゲーム出場の意気込みは
A:どの様な大会なのかまだよくわからなくて、イメージが出来ていないのですが、
  体力、技術の向上に努めます。



●男子C-1クラス年間総合優勝/飯島智樹選手

Q:年間総合のチャンピオンになっての感想は
A:継続は力なり、かな。

Q:年間総合チャンピオンは今年で何度目ですか
A:2回目です。

Q:今シーズンのコンディションやプレイそのものははどうでしたか
A:ちょっと惰性で乗っていた部分がある。反省です。

Q:今シーズンの試合で快心の試合は、プレイは
A:快心というか、本山ではCの参加者が多く決勝ができて楽しかった。

Q:今後の目標は
A:来年のワールドに行きたいです。

Q:C-1選手が増えましたが。どう思いますか
A:伊藤選手をはじめ、KとのダブルエントリーでCに出て盛り上げてくれた皆さんに
  まず感謝です。
  また、松沢さんの復活も大きいですね。高レベルのプレイを大会で見せてくれるので
  ホントいい影響を受けます。
  大会でもっと良いプレイをして、Cに興味をもってくれる人が増えるよう頑張りたいで
  す。


●C-1に乗ってみたい人、気軽に声かけて下さい。お貸しできる艇もあります。



●男子K-1クラス年間総合優勝/小森信太郎選手

Q:年間総合のチャンピオンになっての感想は
A:素直に嬉しいです!会社の勤務サイクル的に全戦は出ることが出来ないため、正直期待はしていなかったです。

Q:年間総合チャンピオンは今年で何度目ですか
A:初めてです。

Q:今シーズンのコンディションやプレイそのものははどうでしたか
A:今年の冬は雨の日も風の日も雪の日もばっちり練習したので、準備は万端でした。
  自信のある場所ではほぼ思い通りのプレイが出来たし、井田・長瀞など自分の中で苦手な場所でも、そこそこ結果は出せたんじゃないかと思います。


Q:今シーズンの試合で快心の試合は、プレイは
A:大会的には1戦目の東北大会です。冬にやることはやってきたので、「これで結果がでなかったら・・」と常に考えていた気がします。
  たしか前の晩はほとんど寝られなかったです。
  東北大会3位決定戦くらいからは、今ビデオを見てもなぜか緊張しますね
  プレイは『東北大会の1位決定戦』と『中部大会準決勝2トライ目』です。
  理由は両方とも追い込まれたところでいいプレイが出来たがら。
  基本的にサドンデス3位決定戦くらいからはやばいくらい集中力が出て、いい緊張感の中プレイ出来るのでやってて気持ちいい。
  あの気持ちよさは何物にも代え難い気がする。
  [調べたところによると、脳内エンドルフィンという脳内麻薬の一種がででる状態らしく依存性あり。
   パチンコ依存症もこいつの仕業らしい 笑]


Q:今後の目標は
A:ワールドカップ第1戦[オタワリバー/ガーベレーターウェーブ]に出る予定なので、とにかくそこで満足のいくプレイが出来ること。
  今はそれしか考えていません。


Q:来年のTevaマウンテンゲーム出場の意気込みは
A:とにかく出たいです![笑]
スポンサーサイト

JFKA公認「中部大会」-7月30日開催

wa_logo.jpg

20060616224017.jpg

20060616224037.gif


■2006ジャパン・フリースタイル・カヤック・Tevaサーキット・シリーズ第5戦■
「ウェーブスポーツ・カップ&ロータスデザインbyパタゴニア中部大会」


20060623001640.jpg


【大会要項】

●主催:中部大会実行委員会
●公認:JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会
●特別協賛:(株)ゴールドウイン
●協賛:高階救命器具株式会社、パタゴニア日本支社
●開催日:2006年7月29日(土)~30日日(日)
注:予備日:水量不足の場合は9月23日・24日に順延します。

●開催場所:岐阜県郡上市美並町・長良川スケボーの瀬または木尾ウェーブ
 注:コンディションによって会場を決定します
●受付場所:スケボーの瀬対岸(右岸側道前)
●競技種目:男子C-1、男子K-1、女子K-1
●参加費:6000円(ダブルエントリー7000円)
●定 員:50名
●表 彰:各クラス1~3位(メダルおよび副賞授与)
●競技方法:1トライアル45秒
      ・予選:2トライアル2採用
       スタート順は昨年度のランキング順にて5~7選手で1グループ作り
       2トライアルを行う。各組スタート前に5分間のプラクティスを設ける。
      ・予選・決勝:男子C-1
・準決勝:2トライアル1採用。男子K-1/10名
      ・決勝:男子k-1/5名、女子K-1/5名(10名以上出場、10名以下は3名) 
決勝はノックダウン方式。1トライアル1採用。 
      ・スタート順は準決勝順位の下位より行います。
      ・スタートは、競技エリア内であればどの場所でも可能とします。
       競技時間内であっても競技エリア(ファールライン)をこえれば競技終了とします。
       注:競技方法、審査方法は変更する場合があります。
●審査方法:2006年JFKAジャッジングフォーマットに準ずる。
●ジャッジ:予選、決勝ともにテクニカル2審、バラエティー2審。
      JFKA公認ジャッジ(木村恒彦、小倉陽一、早川政志他)
●参加資格:2006年度JFKA選手登録者
心身ともに健康で、競技規則及びマナーを心得たセルフレスキューのできる方。
注:高校生以下の選手は保護者の同意書を提出すること。
●出場艇: 危険な改造をしていないもの。

●スケジュール
        ◆29日(土)
         12:00 開会式(駐車場)                          
         13:00 エンダーコンテスト
        ◆30日(日)                
         10:00 男子K-1クラス予選
         11:30 女子K-1クラス予選
         12:00 男子C-1予選・決勝 
         12:30 女子K-1決勝
         12:50 男子K-1準決勝
         13:30 男子k-1決勝 
         14:30 閉会式・表彰式
         注:スケジュールは変更される場合があります。
         エンダー・コンテストの競技方法は後日、発表します。
●エントリー受付:6月29日(金)~
●エントリー締め切り:7月15日(金) 厳守
           FAX・メール・郵送にて下記事務局まで送付してください。
●エントリー振込先:りそな銀行 堂島支店 普通8329894
          日本フリースタイル・カヤック協会           
●申し込み先:JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会
       530-0005 大阪市北区中之島4-2-28-1102
       TEL/06-6447-1161
       FAX/06-6448-0980
       Eメール jfka@mb1.kisweb.ne.jp
●その他:レスキューは選手相互のレスキューを基本とします。
     1番の選手の試技時、最後から5人が救助体制をとり、競技終了後の選手は、次の選手の救助体制に入る。常時5名が救助体制に入ること。
     ・当日の天候、川の状況により大会内容の変更、延期または中止する場合がありますがエントリー後の試合放棄と同様、エントリーフィーの返却は致しません。
●競技中の事故ついては、応急処置はいたしますが、賠償責任保険(死亡270万円 、入院1日3,000 円、通院1日1,500 円、治療費は不担保)以外の責任は負いません。


20060616224501.jpg



関東大会の静水部門の追加事項

■関東大会/静水部門について■

・静水部門の競技方法
 45秒、2トライの2採用で実施します。
・ジャツジング
 バラエティ・ポイントは通常のフォーマット、テクニカル・ポイントは2p、4pです。
 スピンの1pはとりません。
・エントリーフィー/2000円
 中止による返金は1000円です。

JFKA公認「関東大会」-6月25日開催

kavu_logo.jpg


■2006ジャパン・フリースタイル・カヤックTEVAサーキット/第4戦KAVU・カップ 関東大会■

【大会前日より、KAVU TEVA等のメーカー協賛の特売が行われます。皆さん張り切って買ってください】

◆大会要項

・主催:関東フリースタイル・カヤック振興会
・公認:日本フリースタイル・カヤック協会
・主催事務局 有限会社ファンテック アウトドアセンター長瀞
       TEL 0494-66-4165 FAX 0494-66-4166
・協賛:KAVU/株式会社A&F、TEVA/株式会社ゴールドウィン、 有限会社ファンテック、有限会社シークトルース
 協賛が決まり次第、順次掲載
・開催日:2006年6月25日(日曜日)
・開催場所:埼玉県秩父郡長瀞町 上長瀞地内 荒川 スピンホール
・受付場所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞 1429 アウトドアセンター長瀞
・競技種目:男子C-1 男子K-1 女子K-1
 静水部門:各クラスとも3名以上の参加で実施(男子K-1、女子K-1、男子C-1)
・参加費:6000円 (ダブルエントリー7000円) 学生に関しては¥3000
・定員:50名
・表 彰:各クラス1位~3位
・競技方法:1トライアル45秒
・予 選:男子K-1・女子K-1・男子C-1。2トライアル2採用
 スタート順は昨年度の年間ランキング順の下位より4~6選手で1グループを作り、2トライアルを行います。
 各組スタート前に5分間のプラクティスを設けます。
 なおC-1は予選決勝になります。
・準決勝 男子K-1/10名
 2トライアル1採用。スタート順は予選順位の下位より行います。
・決 勝 男子K-1/5名、女子K-1/10名以上出場で5名、10名以下は3名が決勝進出。
 1トライアル1採用・ノックダウン方式。スタート順は準決勝の下位より行います。
・スタートは、競技エリア内であればどの場所でも可能といたします。
 競技時間内であっても競技エリア(ファールライン)をこえれば競技終了となります。
・審査方法:2006年JFKAジャッジング・フォーマットに準じます。
予選、決勝ともにテクニカル2審、バラエティー2審です。
JFKA公認ジャッジ(木村恒彦、小倉陽一、早川政志、榎本博)
 注:競技方法、審査方法は変更する場合があります。
・参加資格
 2006年度日本フリースタイル カヤック協会選手登録者。
 心身ともに健康で、競技規則及びマナーを心得たセルフレスキューのできる方。
 注:高校生以下の選手は保護者の同意書を提出してください。
・出場艇:危険な改造をしていないもの。
・その他:レスキューは選手相互のレスキューを基本とします。
 1番の選手の試技時、最後から5人が救助体制をとり、競技終了後の選手は次の選手の救助体制に入る。
 常時5名が救助体制に入る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●スケジュール/6月25(日)
  7:30~8:00 受付(アウトドアセンター長瀞)
  8:15 開会式(アウトドアセンター長瀞)
  8: 45予選~決勝競技開始
 16:00 競技終了
 16:30 表彰式(駐車場)
   注:スケジュールは変更される場合があります

●エントリー開始日および締め切り日
 5月25日 (木) から6月18日 (日) 厳守
 申込用紙をFAX・郵送にて下記事務局まで送付してください。
 なお、エントリーフィーは6月18日までに下記口座に振り込みか、現金書留にて下記事務局まで郵送して下さい。

●エントリーフィー振込口座/埼玉りそな銀行 皆野(みなの)支店・ 普通 3592383  
 有限会社ファンテック

●エントリー申し込み先/有限会社ファンテック
 〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞960-4
  TEL 0494-66-4165 FAX0494-66-4166


●競技中の事故ついては、応急処置はいたしますが、賠償責任保険(死亡10,000万円 、
 入院1日5,000 円、通院1日3,000 円、治療費は不担保)以外の責任は負いません。


■水量による大会中止時のエントリー返金に関して
昨年の本大会の水量不足での大会延期を受けまして、本年度に中止が決定された場合、以下の順序でエントリーフィーの一部返金を行います。
開催条件:最終開催決定は、6月22日の玉淀ダム流入量が20t以上200t未満の場合開催(これはあくまで目安で、24日に降雨が予想される場合は開催する場合もあります)。
中止時の返金:事前準備、返金手数料として1500円を引いた金額を銀行振り込みいたします。ダブルエントリーの方も1500円を引いた金額の振込み返金となります。


●その他
河原、駐車場でのキャンプは禁止いたします。
キャンプの場合は、リバーパークオートキャンプ場を一泊、車一台分1000円 及び1名300円の特価で提供します。
オートキャンプ希望の場合、必ず事務局へお知らせください。
また、ログキャビン(4名まで・・入って6名)も特価提供します。
「養浩亭」が民宿程度で泊まれる大会パックもございます。
当日の天候、川の状況により大会内容の変更、延期または中止する場合がありますが、
エントリー後のエントリーフィーは、試合放棄と同様に返却は致しません。

●当日各種取材等がありますが、今大会期間中の取材撮影は商業的な行為であっても、
フリースタイル・カヤック競技の発展促進のため、大会本部はすべて許可致します。
不都合のある選手は申し出てください。
但し、その場合選手がメディアを選択することはできません。

JFKA公認「四国本山大会」-6月4日開催

■2006ジャパンフリースタイル・カヤック・TEVA・サーキット/第3戦四国本山大会■

◆大会要項

・主  催:リバーラン・プラス、カキモトスポーツ
・公  認:ジャパン・フリースタイル・カヤック協会
・後  援:予定/本山町・本山町教育委員会・本山町観光協会・高知新聞社・NHK高知放送局
        RKC高知放送・KUTVテレビ高知・高知県カヌー協会
・協  力:BOKE FUN CLUB

・協  賛:(株)ゴールドウイン、以下予定/アオキカヌーワークス、高階救命器具、パール金属、
      ファンテック、ベルカディア、パタゴニア、シークトルース
・日  程:平成18年6月4(日)午前8時より午後4時まで
      予備開催日:6月11日(日)
・会  場:アドウェーブ(高知県本山町・吉野川)  
・競技種目:男子K‐1、C‐1、女子K‐1
・参 加 費:6000円(ダブルエントリーは7000円)
・定 員:なし
・表  彰:各クラス、上位3名を表彰。
・競技方法:1トライアル45秒
・予  選:各クラス2トライアル2採用。男子K-1クラス上位10人、準決勝へ。
      昨年度の年間ランキング順に4~6選手でグループ。
      各組スタート前に5分間のフリー・プラクティスを行う。
・準 決 勝:男子K-1/上位5人が決勝へ。2トライアル1採用。
      予選下位より2グループで行います。
・決  勝:男子K-1/5名 女子K-1/10名以上出場で5名、10名以下は3名が決勝進出。
男子C-1は5名以下は予選決勝とする。5名の参加で3名が決勝進出。
1トライアル1採用。ノックダウン方式。スタート順は予選(準決勝)下位より行います。
・競技規則:最新の競技規則とする。
・審査方法:2006年JFKAジャッジング・フォーマットに準じます。
      予選、決勝ともにテクニカル2審、バラエティ2審。
      JFKA公認ジャッジによる。
      競技方法、審査方法は、選手ミーティング時に変更する場合がある。
・参加資格:2006年度日本フリースタイル・カヤック協会選手登録者。
  心身ともに健康で、競技規則及びマナーを心得たセルフレスキューの出来る方。
  高校生以下の方は保護者の同意書を提出すること。
  選手登録していない選手のオープン参加を認めます。
・出 場 艇:危険な改造をしていないもの。
      予選・決勝を通じて使用するカヤックの変更は自由とする。
     艇の変更は競技委員長に届ける必要は無い。

●エントリー申込:2006年5月4日(木)から5月21日(日)まで。期間厳守。
      参加申込書は、FAX・メール・郵送にて下記事務局まで送付すること。
    参加費は現金書留にて送付するか、下記口座まで振り込むこと。

●エントリー申し込み先
 〒781-3601
 高知県長岡郡本山町本山800番地
 カキモトスポーツ
 TEL:0887‐76‐2777 FAX:0887‐76‐2778
メール kakispo@sun.inforyoma.or.jp
 
●エントリーフィー振込み口座
 四国銀行 本山支店 普通 0141984
 カヌー大会 柿本英児 

●スケジュール   
  8:00  受付開始
  8:30  開会式
        予選開始 男子K-1→女子K-1→男子C-1
        終了後集計、昼食
        男子K-1準決勝、各種目決勝
 15:30  閉会式

●受付場所:高知自動車道大豊インター下車 国道439号を本山方面へ15分。
      本山市街地、嶺北中央病院を過ぎて1つ目の信号を右折、沈下橋の手前河原にて、駐車及び受付。


●そ の 他   
 ・競技中の事故については、応急処置は致しますが、保険の範囲以外の責任は負いません。
 (死亡1000万円 入院1日5000円 通院1日3000円)
・ 指定キャンプ場以外のテント泊並びに路上での無許可駐車は遠慮してください。
  主催者で地区の集会所を準備いたします。1泊1500円程度で宿泊できる予定です。
 希望者は、その旨申込書に記載してください。集会所を使用の際は、使用規定を遵守してください。
・ 前日の夜、ウェルカムパーティーを開催いたします。(方法など未定。)
・ 当日の天候、川の状況などにより大会内容の変更、延期または中止する場合がありますが
・ エントリー後の棄権と同様、参加費の返却は致しません。
・ 今大会期間中の取材撮影は、大会主催者は全て許可いたします。不都合のある選手は
申し出てください。
・ 前日、選手会主催で河原の清掃奉仕を行なう予定です。ご協力をお願いいたします。
次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。