JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリー用紙の申し込み

各大会共通の「エントリー申し込み用紙」をWORDにて作成しました。
必要な人はメールにて協会に申し込んでください。
メールにて送ります。
スポンサーサイト

2005年度年間総合ポイント・ランキング

■2005年度ジャパン・フリータスタイル・カヤック・サーキット年間総合ポイント・ランキング■

年間総合ポイント・ランキングは地方大会3戦+最終戦の計4戦によって決定します。
表示は各クラスの総合順位、氏名、獲得ポイントとなっています。
注:氏名、順位、獲得ポイントに間違いがあった場合にはメールにてお知らせください。

●男子C-1クラス
1.飯嶋智樹  175
2.伊藤健一   95
3.三馬正敏   75 
3.西垣克俊   75
5.清水俊行   35
5.永本憲司   35
20060330165346.jpg


●女子K-1クラス
1.岡部純子  165
2.加藤むむ  115
3.犬飼聡子  100
4.真鍋由紀   66
5.倉貫葉子   54
6.田中伴恵   53
6.時田陽子   53
8.浜名としえ  52
9.大槻利佐   50
10.大津裕香   47
11.宮下佐和子  43
12.山上綾子   42
13.田中千恵子  39
20060330165406.jpg


●男子K-1クラス
1.森田恒陽  131
2.八木達也  112
3.西嶋直弘  110
4.伊藤健一  108
5.松岡良樹   90
6.高橋佳宏    78
7.貝本宣広    77
8.小森信太郎  68
9.松永和也   66
10.石原 亨   55
11.鎌田博匡   48
12.清水孝二   40
13.土田卓巳   38
14.内野哲也   35
15.久保明大   33
16.森田広治   24
17.清水俊行   22
18.川北雅之   21
19.橋本快風   20
20.佐藤正隆  19
21.安藤慎二   17
22.矢澤一輝   15
23.渡辺和久   12
24.永本憲司   11
25.国友俊男   10
25.鳥岡 智   10
27.竹内祐一    8
27.井上健司    8
27.北村久光    8
30.田中誠一    7
30.白井 潤     7
32.柳本達徳    5
32.三馬正敏   5
34.荒木誠司    4
34.中村 晃    4
36.田中 守    3
36.紺矢雅之    3
36.青木順一    3
39.金子浩人    2
39.山田純司    2
39.武 正憲    2
39.秋満頼孝    2  

■以下、ポイントなし
佐々治哲秀、川嶋秀和、光川 徹、山越康久、木村隆志
倉本昌幸、森 純一、米澤路浩、高安賢吉、北野谷昇治
文野禎久
20060330165731.jpg



◆2005年度サーキット各大会のリザルト◆
(各クラス1位~3位)


【男子C-1クラス】

・北陸大会:1.飯島智樹 2.伊藤健一 3.三馬正敏
・四国大会:1.三馬正敏 2.永本憲司 3.伊藤健一
・中部大会:1.西垣克俊 2.伊藤健一 3.飯島智樹
・全日本  :1.飯島智樹 2.清水俊行 3.西垣克俊

【女子K-1クラス】
・北陸大会:1.犬飼聡子 2.加藤むむ 3.時田陽子
・中部大会:1.岡部純子 2.加藤むむ 3.犬飼聡子
・代替大会:1.岡部純子 3.大槻利佐 3.倉貫葉子
・全日本  :1.岡部純子 2.加藤むむ 3.犬飼聡子

【男子K-1クラス】
・北陸大会:1.高橋佳宏 2.八木達也 3.小森信太郎
・四国大会:1.伊藤健一 2.松岡良樹 3.松永和也
・中部大会:1.森田恒陽 2.西嶋直弘 3.小森信太郎
・代替大会:1.森田恒陽 2.八木達也 3.伊藤健一
・全日本  :1.貝本宣弘 2.西嶋直弘 3.八木達也

◆年間総合優勝者◆

年間総合ポイント・ランキングによる各クラスの総合優勝です。

・男子C-1クラス:飯島智樹
・女子K-1クラス:岡部純子
・男子K-1クラス:森田恒陽
・男女複合クラス :伊藤健一(K-1・C-1)
20060330171004.jpg


◆オーシャン・ロデオ第7回全日本選手権◆

・男子プレイボート部門 
1.竹内祐一  2.内野哲也   3.木村隆志
・女子プレイボート部門
 1.岡部純子  2.田中千恵子   3.倉貫葉子
・サーフカヤック部門
 1.大西将太   2.クリス・レードビター   3.清水俊行
・シットオン部門
 1.原 健輔   2.平野敏之   3.森田恒陽

DSC_0133.jpg
DSC_0047.jpg

JFKA公認「東北大会」開催-4月16日

20060328235723.jpg

■2006ジャパン・フリースタイル・カヤックTEVAサーキット/第1戦ピラニア・カップ東北大会■
☆エントリー受付は3月31日にて終了しました。

★当日、参加選手全員を対象にした抽選により、
クリーク、ビックウォーターに最適なピラニアH3・245が提供されます


◆大会要項
・主催:東北フリースタイル・カヤック促進会
・公認:日本フリースタイル・カヤック協会
・主催事務局 SOIL-W-PLAY
 TEL&FAX/022-215-6691
・協賛:SOIL-W-PLAY、有限会社ファンテック、朝日町、パール金属株式会社
・株式会社ファイントラック、有限会社エスオーエスプロジェクト、他
・開催日:2006年4月16日(日曜日)
・開催場所:山形県西村山郡朝日町最上川カヌーパーク 通称 タンの瀬
・受付場所:山形県西村山郡朝日町最上川カヌーパーク駐車場
・競技種目:男子C-1 男子K-1 女子K-1
・参加費:6000円 (ダブルエントリー7000円)
・定員:50名
・表 彰:各クラス1位~3位
・競技方法:1トライアル45秒
・予 選:男子K-1・女子K-1・男子C-1。2トライアル2採用
 スタート順は昨年度の年間ランキング順の下位より4~6選手で1グループを作り、2トライアルを行います。
 各組スタート前に5分間のプラクティスを設けます。
 なおC-1は予選決勝になります。
・準決勝 男子K-1/10名
 2トライアル1採用。スタート順は予選順位の下位より行います。
・決 勝 男子K-1/5名、女子K-1/10名以上出場で5名、10名以下は3名が決勝進出。
 1トライアル1採用・ノックダウン方式。スタート順は準決勝の下位より行います。

・スタートは、競技エリア内であればどの場所でも可能といたします。
 競技時間内であっても競技エリア(ファールライン)をこえれば競技終了となります。
・審査方法:2006年JFKAジャッジング・フォーマットに準じます。
 予選、決勝ともにテクニカル2審、バラエティー2審です。JFKA公認ジャッジ2名(大沢 匡、白戸克之)他。
 注:競技方法、審査方法は変更する場合があります。
・参加資格
 2006年度日本フリースタイル カヤック協会選手登録者。
 心身ともに健康で、競技規則及びマナーを心得たセルフレスキューのできる方。
 注:高校生以下の選手は保護者の同意書を提出してください。
・出場艇:危険な改造をしていないもの。
・その他:レスキューは選手相互のレスキューを基本とします。
 1番の選手の試技時、最後から5人が救助体制をとり、競技終了後の選手は次の選手の救助体制に入る。
 常時5名が救助体制に入る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●スケジュール/4月16(日)
  7:00~7:30 受付(駐車場)
  7:45 開会式(駐車場)
  8:30 予選~決勝競技開始
 16:00 競技終了
 16:30 表彰式(駐車場)
 
 注:スケジュールは変更される場合があります
●エントリー開始日および締め切り日
 3月16日 (木) から3月31日 (金) 厳守
 申込用紙をFAX・郵送にて下記事務局まで送付してください。
 なお、エントリーフィーは3月31日までに下記口座にお振込みか、現金書留にて下記事務局まで郵送して下さい。
●エントリーフィー振込口座/七十七銀行 泉中央支店 普通 5274834  PROSHOP S・O・S W-PLAY 庄司克史
●エントリー申し込み先/SOIL-W-PLAY ソイルダブルプレイ
 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-13-16
 TEL/FAX022-215-6691
●競技中の事故ついては、応急処置はいたしますが、傷害保険(死亡10,000
 万円 入院1日5,000 円 通院1日3,000 円、治療費は不担保)以外の責任は負いません。
 *周りの農園内はテント設営・駐車禁止です。御協力お願いします。
 当日の天候、川の状況により大会内容の変更、延期または中止する場合がありますが、
 エントリー後のエントリーフィーは、試合放棄と同様に返却は致しません。
●当日各種取材等がありますが、今大会期間中の取材撮影は商業的な
 行為であっても、フリースタイル・カヤック競技の発展促進のため、
 大会本部はすべて許可致します。
 不都合のある選手は申し出てください。
 但し、その場合選手がメディアを選択することはできません。


JFKAへの選手登録と大会出場の方法

20060330171904.jpg


■JFKA主催・公認大会出場のための選手登録手続き■

JFKAの公認大会(サーキット全5戦)及び
JFKA主催の「全日本選手権&世界選手権代表選手選考会」に出場するためには事前に選手登録が必要です。


●選手登録の方法
 1.メールまたはFAXにて下記の必要項目を記載してJFKAに送付してください。
   氏名、住所、生年月日、電話番号(自宅、携帯)、メールアドレス(PC、携帯)
   上記項目については必ず記載してください。PCアドレスのない人は携帯のアドレスで構いません。
   協会より「選手登録を受け付けました」というメールが返信されます。

 2.選手登録費用(登録料3,000円)を下記の指定口座に振り込みしてください。
   【りそな銀行・堂島支店・普通8329894 日本フリースタイル・カヤック協会】
   振込み手数料はご自身で負担をお願いたします。

 以上で選手登録は完了です。 

 注:選手登録が必要でないオープン参加を認めている大会もあります。
 オープン参加については、各主催者に直接問い合わせをしてください。
 なおオープン参加は、予選の成績いかんに関わらず、準決勝または決勝へは進めません。
 また成績は参考扱いとなり、公式記録には記載されません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●大会へのエントリーの方法
 エントリーは各大会の主催者に直接、メールまたはFAX、郵送にて申し込みしてください。
 大会によってエントリーの受付方法は異なります。
 受付は大会の1カ月前から2週間前までが基本ですが、大会主催者によって変更の場合もあります。
 この期間内にエントリーの申し込みとエントリーフィーの振込みをしてください。

 注:エントリーはエントリーの申し込みとエントリーフィーの振込みを期日内に行って、正式にエントリー受付となります。
   期日を過ぎてのエントリーは一切、受け付けられません。 
   エントリーフィーは、上記全ての大会で中学、高校、大学在籍の
   学生パドラーはエントリーフィーが半額となります。
   学生の場合は登録時に申告してください。

◆大会エントリーには必ず下記の項目を記載してください。

●出場種目:男子K-1 女子K-1 C-1
●氏名・フリガナ
●住所
●生年月日
●電話番号:携帯

注:大会によっては下記のように、誓約書が必要な場合もあります。
誓約書は大会主催者が用意しています。
────────────────────────────────────────────────────
【誓約書】

私は自分自身の健康管理に細心の注意払い、万一の事故の場合にも
日本フリースタイルカヤック協会、主催者、関係者に責任を問わず、自己責任において処理することを誓います。
また、日本フリースタイルカヤック協会の競技規則並びに大会の規定、出場要項に記載された事項を厳守することを誓います。


2006年  月  日

出場者・自署署名印

注意:必ず出場本人が自署署名・捺印してください。署名がない場合は出場できません。
20 歳未満の方は、保護者の署名・捺印が必要です。
保護者署名  印

JFKA/日本フリースタイルカヤック協会
〒630-0005 大阪市北区中之島4-2-28 ヒュース中之島1102
TEL 06-6447-1161 FAX 06-6448-0980
──────────────────────────────────────────────────── 
●日本フリースタイル・カヤック協会の個人情報保護法について
 選手登録に伴い、選手の皆様からメールまたはFAXでいただいた個人情報の扱いについては
 各大会への主催者には、登録者の氏名だけを記載したリストをエントリーとの照会のため送付します。
 また選手会運営のため、選手会には氏名とメールアドレスに限って、情報を提供します。
 そのほかの個人情報については、協会で責任を持って管理します。

●登録選手へのインフォメーションについて
 登録選手への大会の要項他の案内については、ブログへの掲載およびメールで行うことを基本としています。
 選手登録後、電話番号、メールアドレス等の変更があった場合は協会に速やかに連絡をお願いたします。

2006JFKA主催・公認大会日程

20060330173047.jpg

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■2006ジャパン・フリースタイル・カヤック・TEVAサーキット大会日程■

JFKA公認の「ジャパン・フリースタイル・カヤック・サーキット」全5戦は、TEVAがオフィシャル・スポンサーとなり、
【2006ジャパン・フリースタイル・カヤック・TEVAサーキット】の名称で開催されます。


①4月16日 TEVAサーキット 第1戦 ピラニア・カップ東北大会 
山形県・最上川
主催・問い合わせ SOS-WPLAY 022-771-4278

②5月 5日 TEVAサーキット 第2戦 TEVAカップ北陸大会
富山県・井田川
主催・問い合わせ 北陸ロデオコミニティー(バンザイスポーツ)090-3762-0343

③6月4日 TEVAサーキット 第3戦 四国本山大会(予備日6月11日)
徳島県・吉野川 
主催・問い合わせ カキモトスポーツ&リバーラン・プラス 0887-76-2777

④6月25日 TEVAサーキット 第4戦 KAVUカップ関東大会 
埼玉県・長瀞
主催・問い合わせ ファンテック・スポーツ 0494-66-4165

⑤7月29日・30日 TEVAサーキット 第5戦 
ウェーブスポーツ・カップ&ロータス・デザイン・バイ・パタゴニアカップ中部大会
(予備日:9月23日・24日)
岐阜県・長良川
主催・問い合わせ 中部大会実行委員会 担当:小倉080-5003-3660


Teva_black_logomac.jpg

■JFKA公認の「ジャパン・フリースタイル・カヤック・サーキット」全5戦(全日本選手権を除く)は、
TEVA(株式会社ゴールドウイン取り扱い)がオフィシャル・スポンサーとなり、
【2006ジャパン・フリースタイル・カヤック・TEVAサーキット】の名称で開催されます。
全5戦の各大会には、TEVAより副賞が提供されます。
また全5戦の各大会の順位に応じた獲得合計ポイントにより、
TEVAシリーズの各クラス優勝者を決定、男女K-1クラス各1名を
2007年の【TEVAマウンテン・ゲームズ】に派遣いたします。
なお派遣に伴う交通費、宿泊費、エントリーフィーについてはTEVAより提供されます。


TEVAマウンテン・ケームの詳細は下記URLでご覧ください。
http://www.tevamountaingames.com/index.cfm


◆注:「ジャパン・フリースタイル・カヤックTEVAサーキット」のポイント・ランキングはTEVA独自のものです。
昨年まで実施していた「年間ポイント・ランキング」とは異なります。
また世界選手権の代表選手選考会とは別のものです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
20060329133909.jpg

[JFKA主催大会]
●11月5日 【KEENカップ/全日本選手権&2007年第9回世界選手権代表選手選考会】

富山県・井田川
主催・問い合わせ JFKA 06-6447-1161
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

sss.jpg

●9月9日(土)~10日(日) スクォートギャザー 

1995年よりスクォートの神様【ジム・スナイダー】を招いて行っているスクォートのミーティングです。
全国のスクォーティストが一同に集います。
なお詳細は今月中に発表の予定です。


「スクォートゥギャザー」の成り立ちは、全日本選手権にて出場選手が少なく、
スクォートの競技が成立しないことから、スクォートだけの競技大会を作らなければスクォート競技が無くなってしまうとの判断から
ジム・スナイダーに相談したところからスタートしました。
当初は「スクォート・ミーティング」という名称を予定していましたが、ジムにその話をしたところ、「スクォートゥギャザー」という名前でやろうと返事をもらいました。
それ以来、ジムは毎年、日本に来てくれています。
単にスクォートだけでなく、日本のフリースタイル・カヤックに多大な影響を与えてくれた人です。
下記の写真は、オレゴンの「ボブズ・ホール・ロデオ」で出あったジムの弟のジェフ・スナイダーです。


・静岡県天竜市・気田川(通称ボロバス)
 但し、ポイントの状況、水量によって変更の可能性が有ります。
・参加費:7,000円(予定)
・主管:JFKA
・問合せ先:実行委員会(バンザイスポーツ・サービス)
 メールアドレス info@banzaisports.net

20060331172411.jpg


●10月1日(日) 第8回オーシャンロデオ全日本選手権大会

主催:㈲ウィズ・ネイチャー
主管:JFKA
清水、森田 TEL& FAX 0428-76-2603
会場:千葉県長生郡白子町 剃金海水浴場(南白亀川の左岸側の浜)、通称九十九里 白子海岸




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
20060330195059.jpg

20060518135144.jpg


《PROFILE OF JFKA》

◇名称  日本フリースタイル・カヤック協会
     JAPAN FREESTYLE KAYAK ASSOCIATION 【略称/JFKA】
◇事務局 〒530-0005 大阪市北区中ノ島4-2-28-1102
TEL:06-6447-1161 FAX:06-6448-0980 
jfka@mb1.kisweb.ne.jp
◇設立 1990年12月
◇構成
 会 長:保田邦彦
 副会長:大沢 匡、木村恒彦
 理 事:白戸克之、飯村修一、小倉陽一(06年より)
◇目的
●フリースタイル・カヤック競技の普及と定着
●フリースタイル・カヤック競技大会の継続開催
●海外のプレイヤ-の招聘による技術講習会の開催
●世界選手権・ワールドカップへの代表選手の派遣
◇活動歴
●全日本選手権の開催/1991年より開催~
●ジャパン・フリースタイル・カヤック・サ-キットの開催/1994年より開催~
●ジャパン・オ-プンの開催(海外招待選手の参加による国際大会)/1993年より開催
●その他の大会の開催/オ-シャンロデオ全日本選手権、スクォ-トゥゲザ-、スプリント・ダウンリバーレース

◆世界選手権への日本代表チ-ム(選手)の派遣
☆1993年 第2回世界選手権(アメリカ)/6名派遣
☆1995年 第3回世界選手権(ドイツ)/11名派遣
☆1997年 第4回世界選手権(カナダ)/25名派遣
☆1999年 第5回世界選手権(ニュ-ジ-ランド)/28名派遣
☆2001年 第6回世界選手権(スペイン)/15名派遣
☆2003年 第7回世界選手権(オーストリア)/18名派遣
☆2005年 第8回世界選手権(オーストラリア)/14名派遣

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。