JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップの選手運営ブログ立ち上げ

19.jpg


■ワールドカップに参戦する選手のブログがスタートしました■

9月から始まるワールドカップに下記の選手が参戦します。
参戦する選手の活躍に期待するとともに、皆で応援しましょう。

伊藤健一
貝本宣広
小森信太郎
高橋佳宏
松岡良樹
松永和也
森田恒陽
八木達也
犬飼聡子
加藤むむ


【小森信太郎選手からのコメント】
ワールドカップの選手運営ブログを立ち上げました。
海外での様子を写真・動画を交えて紹介していくつもりです。


●http://worldcupfskayak.blog51.fc2.com/


■ワールドカップ日程■
●9月 1日~ 3日: Beachbirg Lorne Rapids. Ottawa River/オンタリオ州
●9月 8日~10日: Black River in Watertown/ニューヨーク州
●9月15日~17日: Caney Fork in Rock Island /テネシー州


スポンサーサイト

1991年~2006年大会公式記録

img089xx.jpg


■1991年~2006年/大会公式記録■

2006年のジャパン・フリースタイル・カヤックTevaサーキットも終了。
本年の大会も「全日本選手権&世界選手権選考会」を残すだけとなりました。
シーズン・オフを迎える前に「JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会」の17年間の歩みを
2007年のシーズン・インまでブログに掲載していきます。

その第一弾として1991年より2006年までの公式大会の記録を紹介します。
ただし、選考会だけの大会は除きます。
記録の間違い等がありましたら、お知らせください。



■全日本選手権歴代優勝者/年間総合優勝者■

年間総合優勝は各年指定の採用試合数に従い
決定する年間総合チャンピオンです。
複数の選手の氏名が記載されているのは、獲得得点が同点により、総合優勝者が複数いるということです。
○は全日本選手権(または最終戦)の順位が上位の選手です。

全日本選手権優勝者/年間総合優勝者
●男子K-1クラス
1991:山本真介
1992:岡崎明久
1993:早川政志
1994:早川政志
1995:貝本宣弘
1996:奥丘正治
1997:貝本宣弘/貝本宣弘
1998:貝本宣弘/貝本宣弘
1999:貝本宣弘/○小倉陽一、西島直弘
2000:西島直弘/○西島直弘、貝本宣弘、早川政志
2001:飯村修一/八木達也
2002:八木達也/八木達也
2002:八木達也/八木達也
2003:八木達也/八木達也
2004:松永和也/松永和也
2005:貝本宣弘/森田恒陽
2006:━━━━/小森信太郎

●女子K-1クラス
1994:長沢 愛
1995:後藤 恵
1996:競技不成立
1997:村上亜紀
1998:石田元子/石田元子
1999:石田元子/辻 真理
2000:石田元子/石田元子
2001:田中志生/田中志生
2002:犬飼聡子/○犬飼聡子、石田元子
2003:岡部純子/岡部純子
2004:岡部純子/石田元子
2005:岡部純子/岡部純子
2006:━━━━/加藤むむ

●男子SQTクラス
1991:早川政志
1992:早川政志
1993:早川政志
1994:早川政志
1995:早川政志
1996:白戸克之
1997:石原 亨
1998:小倉陽一/○小倉陽一、岩瀬英義
1999:早川政志/石原 亨
2000:熊谷正男/○岩瀬英義、飯村修一
2001:岩瀬英義/飯村修一
2002:高橋克佳/石原 亨
2003:森田恒陽/森田恒陽
2004:小倉陽一/森田恒陽
2005:競技なし
2006:━━━━

●男子C-1クラス
1997:手塚俊秀
1998:桜井 忍/竹中隆正
1999:松原 寛/松原 寛
2000:後藤守啓/松沢英治
2001:後藤守啓/後藤守啓
2002:松沢英治/○松沢英治、後藤守啓
2003:後藤守啓/後藤守啓
2004:三馬正敏/後藤守啓
2005:飯島智樹/飯島智樹
2006:━━━━/飯島智樹

●男子OC-1クラス
1991:森下洋行
1993:柴田 等
1994:森 要一
1995:競技不成立
1996:競技不成立
1997:競技不成立


■通算優勝回数■

対象大会:サーキット公認大会および全日本選手権・ジャパンオープン
2006年中部大会終了時点。


●男子K-1クラス
・20勝/貝本宣弘
・13勝/八木達也
・11勝/早川政志
・10勝/西嶋直弘
・ 4勝/山口賢児、山内基久
・ 3勝/加古 学、木村哲也、小倉陽一、奥岡正治、縄田一暢
・ 2勝/小森信太郎、松永和也、森田恒陽、高橋佳宏、伊藤健一、亀山隆司
・ 1勝/松岡良樹、安藤慎二、野村篤史、相羽大輔、飯村修一、武井敏之、岡崎明久、
     西島敦史、大澤 匡、渡辺和久、小林 大、四至本茂博、大塚弘晃、別府隆弘
     佐藤誠一、四之宮、今村、瀬川、ロス・フィンドレー


●女子K-1クラス
・28勝/石田元子
・ 7勝/岡部純子
・ 6勝/田中志生
・ 5勝/後藤 恵、辻真理  
・ 4勝/犬飼聡子
・ 3勝/加藤むむ
・ 2勝/西峰佳代子、中山千恵子、杉浦恵美
・ 1勝/田中伴恵、真鍋由紀、大谷 詩、浅田真紀、青島美紀、長沢 愛、笠井 優

●男子C-1クラス
・14勝/後藤守啓
・13勝/松沢英治
・ 8勝/三馬正敏
・ 4勝/飯島智樹
・ 3勝/桜井 忍
・ 2勝/原 利幸  
・ 1勝/西垣克俊、松原 寛、竹中隆正、手塚俊秀

●男子SQTクラス
・12勝/石原 亨
・ 9勝/早川政志
・ 8勝/岩瀬英義
・ 6勝/森田恒陽
・ 5勝/小倉陽一
・ 2勝/飯村修一、石塚和彦 
・ 1勝/白戸克之、寺岡 真、熊谷正男、菅原大樹、今村、板井

●女子SQTクラス
・2勝/石田元子
・1勝/犬飼聡子


【“1991年~2006年大会公式記録”の続きを読む】

世界のフリースタイル・カヤッキングWEBサイト-カナダ個人

■新製品を紹介するビデオが面白いWEBサイト

●Billy Harris

●http://www.kayaktheearth.com/

MISSIONをキーワードとした31歳の個人パドラー、ビリー・ハリスのサイトです。
世界中をパドリングしているパドラーです。
PHOTOコーナーの写真はそれほどインパクトはありませんが
VIDEOコーナーはカヌー関係の最新ギアの紹介が多く、楽しめます。
中にはメーカーのスタッフに直接、説明させたりしています。

xackers.netのサイトにもビリー・ハリスのレポートが掲載されています。


IMG_4919.jpg

IMG_5135_1.jpg

IMG_5141.jpg

IMG_6126_1.jpg

IMG_6402.jpg

IMG_7051.jpg

IMG_6383_1.jpg

2006Tevaサーキット総合優勝者インタビュー

■Tevaサーキット総合優勝者インタビュー■

2006年ジャパン・フリースタイル・カヤックTevaサーキット全5戦が終了いたしました。
各クラスの年間総合優勝者のインタビューです。


●女子K-1クラス年間総合優勝/加藤むむ選手

Q:年間総合のチャンピオンになっての感想は
A:うれしかったです。今年こそはと思って全試合に出場した甲斐がありました。

Q:年間総合チャンピオンは今年で何度目ですか
A:初めてです。

Q:3.今シーズンのコンディションやプレイそのものははどうでしたか
A:井田川の大会では地元、真鍋さんのスーパープレーに太刀打ちできなかったし、
  長良川の大会では、予選落ちしたりとあまり良いとは言えません。


Q:4.今シーズンの試合で快心の試合は、プレイは
A:なかったですねー。

Q:今後の目標は
A:予選からいい結果を出したいです。
  もっと優勝したいです。


Q:来年のTevaマウンテンゲーム出場の意気込みは
A:どの様な大会なのかまだよくわからなくて、イメージが出来ていないのですが、
  体力、技術の向上に努めます。



●男子C-1クラス年間総合優勝/飯島智樹選手

Q:年間総合のチャンピオンになっての感想は
A:継続は力なり、かな。

Q:年間総合チャンピオンは今年で何度目ですか
A:2回目です。

Q:今シーズンのコンディションやプレイそのものははどうでしたか
A:ちょっと惰性で乗っていた部分がある。反省です。

Q:今シーズンの試合で快心の試合は、プレイは
A:快心というか、本山ではCの参加者が多く決勝ができて楽しかった。

Q:今後の目標は
A:来年のワールドに行きたいです。

Q:C-1選手が増えましたが。どう思いますか
A:伊藤選手をはじめ、KとのダブルエントリーでCに出て盛り上げてくれた皆さんに
  まず感謝です。
  また、松沢さんの復活も大きいですね。高レベルのプレイを大会で見せてくれるので
  ホントいい影響を受けます。
  大会でもっと良いプレイをして、Cに興味をもってくれる人が増えるよう頑張りたいで
  す。


●C-1に乗ってみたい人、気軽に声かけて下さい。お貸しできる艇もあります。



●男子K-1クラス年間総合優勝/小森信太郎選手

Q:年間総合のチャンピオンになっての感想は
A:素直に嬉しいです!会社の勤務サイクル的に全戦は出ることが出来ないため、正直期待はしていなかったです。

Q:年間総合チャンピオンは今年で何度目ですか
A:初めてです。

Q:今シーズンのコンディションやプレイそのものははどうでしたか
A:今年の冬は雨の日も風の日も雪の日もばっちり練習したので、準備は万端でした。
  自信のある場所ではほぼ思い通りのプレイが出来たし、井田・長瀞など自分の中で苦手な場所でも、そこそこ結果は出せたんじゃないかと思います。


Q:今シーズンの試合で快心の試合は、プレイは
A:大会的には1戦目の東北大会です。冬にやることはやってきたので、「これで結果がでなかったら・・」と常に考えていた気がします。
  たしか前の晩はほとんど寝られなかったです。
  東北大会3位決定戦くらいからは、今ビデオを見てもなぜか緊張しますね
  プレイは『東北大会の1位決定戦』と『中部大会準決勝2トライ目』です。
  理由は両方とも追い込まれたところでいいプレイが出来たがら。
  基本的にサドンデス3位決定戦くらいからはやばいくらい集中力が出て、いい緊張感の中プレイ出来るのでやってて気持ちいい。
  あの気持ちよさは何物にも代え難い気がする。
  [調べたところによると、脳内エンドルフィンという脳内麻薬の一種がででる状態らしく依存性あり。
   パチンコ依存症もこいつの仕業らしい 笑]


Q:今後の目標は
A:ワールドカップ第1戦[オタワリバー/ガーベレーターウェーブ]に出る予定なので、とにかくそこで満足のいくプレイが出来ること。
  今はそれしか考えていません。


Q:来年のTevaマウンテンゲーム出場の意気込みは
A:とにかく出たいです![笑]

中部大会優勝者インタビュー/男子K-1クラス優勝者

20060811202328.jpg

■中部大会優勝者インタビュー/男子K-1クラス優勝■ 

●優勝 松岡良樹選手

Q:優勝した感想、気分は?
A:めちゃくちゃうれしいです! 何度かチャンスはあったのに、いつも肝心な時にとちって優勝出来なかったので・・・。

Q:優勝はともかく、今大会の自分の出来は何%くらいですか?
A:80%ぐらいかな・・・。実力以上に運が良かった気がします。(初めて見に来てくれた彼女の応援のおかげかも・・・)

Q:自分でイメージしていたプレイはできましたか?
A:本当は、もう少しバラエティーを出したかったです。

Q:今シーズンの具体的な目標は?
  ランキングor選考会、他
A:まずは、9月のワールドカップで上位を目指す事。そして11月のワールド代表選考会で勝って、代表に選ばれる事。

Q:大会に参戦して何年目ですか?
A:たぶん、3年目か4年目?

Q:月にフリースタイルの練習をする回数は?
A:12回ぐらい。 たいてい土日でスポット練習をして、あとは平日に1・2回静水練習をするぐらい。

Q:普段の練習ゲレンデは?
A:京都の保津川or由良川立岩ホール。

Q:好きなムーブは(出来る、出来ないに関係なく)?
A:エアリアル系の技。ドンキーフリップやピストルフリップ。

Q:フリースタイル競技を始めるきっかけは?
A:併せてカヤックを始めたきっかけは?

Q:今、ブレイで取り組んでいるテーマは?ムーブは?
A:体のひねりを意識する事と、どんな場所でもイメージ通りの動きを出来る適応力を身に付ける事。

Q:フリースタイル競技を始めるきっかけは?
  併せてカヤックを始めたきっかけは? 
A:カヤックを始めたのは、大学時代の友達に誘われたのがきっかけです。
  フリースタイルを始めたのは、ビデオで海外の選手のプレイを見て、かっこいいと思ったのがきっかけです。


Q:最初の大会の成績は?
A:三段の瀬であった、四国大会です。ホールアウトしてばっかりで、ビリから数えた方が早かった。

Q:ここまでの自分の成績について、どう思いますか?
A:徐々には、順位が上がって来てはいるけど、やっとスタートラインに立てたって感じです。

Q:国内・海外問わず、好きな選手は?(プレイスタイルor他の理由)
A:ジェイ・キンケイドが好きです。彼のダイナミックなムーブと技の正確さに憧れます。

Q:現在使用しているカヤックは?
  他のギアについても/パドル、スプレー、PFD、ヘルメット、ウェア
A:ボートは、リキッドロジックのスペースキャデットとビジョン56。
  パドルは、AT2。ヘルメットは、スウィート。PFDは、アストラル。
  ウェアは、ピークのカグデッキ。


Q:上手になるためには、何が必要?
A:とにかく練習と、上手くなりたいという気持ちの強さが大事ですよね。

Q:フリースタイル競技の面白さとは?
A:魅せる技が出来た時にすっごくうれしいし、いろんな技に挑戦する楽しさがたまりません。

Q:後、何年、選手を続けますか?
A:あと10年はやりたい。

Q:フリースタイル競技を目指すひとにアドバイスを
A:とにかくやってみよう。

Q:身長、体重、年齢
A:身長171cm。体重71kg。年齢31歳。

Q:カヤック以外の趣味は?
A:音楽を聴くこととカラオケ。あとは、最近ボルダリングをやって面白かったので、これから趣味にします。

●松岡良樹選手のこれまでの成績●
・2003年年間ランキング:23位(四国28位、東北32位、北陸23位、本山8位、中部20位、全日32位)
・2004年年間ランキング:10位(東北15位、北陸7位、中部20位、四国5位、全日13位)
・2005年年間ランキング:4位(北陸4位、四国2位、関東5位、全日6位、全日17位)


●通算優勝回数:1回



写真提供:武田俊輔

中部大会優勝者インタビュー/女子K-1&女子SQT

20060808215119.jpg


■中部大会優勝者インタビュー/女子K-1クラス優勝・女子SQTクラス優勝■

●優勝 石田元子選手

注:石田選手はK-1とSQTとふたつのクラスで優勝したため、
二つ会わせた回答となっています。

Q:優勝した感想、気分は?
K-1/素直にめちゃくちゃうれしいです。
SQT/女子が成立して嬉しいです。


Q:優勝はともかく、今大会の自分の出来は何%くらいですか?
K-1/ひやひやの予選・・・決勝はう~ん、あれが今の実力だから100%なのかな・・・
SQT/現状の100%です。


Q:自分でイメージしていたプレイはできましたか?
K-1/出来ていません。(練習チャンピオンになるところでした)
SQT/半分ぐらい出来ました。


Q:今シーズンの具体的な目標は?
   ランキングor選考会、他
K-1/残すは選考会だけですから、選考会でいい成績が出したいです。
SQT/次回もあるのかな・・・?


Q:大会に参戦して何年目ですか?
K-1/今数えると・・・11年・・・長いなぁ~・・・
SQT/これはいつだろう・・・?99’からかな・・・8年目?


Q:月にフリースタイルの練習をする回数は?
K-1/決めていませんが、たぶん6日ぐらい
SQT/月に1日ミステリーに行けばいいほう。アラウンドは・・・大会前日・・・


Q:普段の練習ゲレンデは?
K-1/長良かな・・・
SQT/気田川、豊川


Q:好きなムーブは(出来る、出来ないに関係なく)?
K-1/ パンナム!やってみたい
SQT/10秒以上のミステリー&トリプルループ


Q:今、ブレイで取り組んでいるテーマは?ムーブは?
K-1/出来ることは確実に決めること。
    カート、スプリット、ループ、エアーループ、ブラントかな。
SQT/右の技が苦手なので要練習


Q:フリースタイル競技を始めるきっかけは?
   併せてカヤックを始めたきっかけは?
A:1995年に木尾で行われたジャパンカップを見てかっちょいい~と思ったから。
  (EJとジムが来ていました。カートを見てすごいと思った)


Q:最初の大会の成績は?
K-1/えー・・・昔過ぎて覚えていません。96年からだったと思います。
SQT/99’のワールド(ニュージーランド) 3位


Q:ここまでの自分の成績について、どう思いますか?
K-1/まずまずだと思います。

Q:国内・海外問わず、好きな選手は?(プレイスタイルor他の理由)
A:好きというより尊敬している方々です。
  ・K-1 コラン・アディソン氏。 
   コランの才能がなければ今のボートの進化はなかったと思います。
   異端児のような印象を持ている方もいると思いますが、とても気さくで優しくて、面白くて、ちょっぴり???
   スケベで・・・カヌーのプレイも、プレイベーも最高にセクシーで大好きです。
  ・貝本氏
   まったく漕げなかったころからいろいろ教えて頂きました。
   厳しかったような気もしますが・・・あの日々がなければ今の私はなかったと思います。
   この場をお借りして「ありがとうございました。」
  ・SQT ジム・シュナイダー氏。
   SQTの発案者!子供みたいにはしゃぎながらミステリーしている姿が好きです。
   ジムがいなかったらSQTこんなにはまってなかったですね。
   98’渡米。一ヶ月ほどジムさんの家に居候をさせてもらいSQT漬けの日々!そしてボートをプレゼントしてくださいました。
   そのボートで99’ワールド女子SQT3位。出来すぎですね。


Q:現在使用しているカヤックは?
    他のギアについても/パドル、スプレー、PFD、ヘルメット、ウェア
K-1/プロジェクト45 スター
    ブラックダイヤモンド(188ストレート スモールシャフト)
    スナップドラゴン
    ロータスのローライダー
    SWEET
    IR ロータスのウェアが多いです。
SQT/スパイ ジムスティック マウンテンサーフのスプレー


Q:上手になるためには、何が必要?
K-1&SQT/うまくなりた~いという情熱。

Q:フリースタイル競技の面白さとは?
A:なかなかうまくならないところ。
 (なんとか出来るようになってやるーって思えるところ。)


Q:後、何年、選手を続けますか?
A:昨年一度やめてますからね・・・考えていません。

Q:フリースタイル競技を目指すひとにアドバイスを
A:誰よりもフリースタイルを好きになることかな。

Q:身長、体重、年齢
A:みんな意外と正直に答えてますね・・・
  149.7センチ 49キロ(デブ?) 33歳


Q:カヤック以外の趣味は?
A:バックカントリー(スノボ・スキー) ウエイクボート、クライミング 

Q:女子SQT選手が増えましたが。どう思いますか
A:嬉しいです。いつも男子と一緒の大会でしたからね。
  もっともっと増えてくれるといいですね。


Q:先シーズン、大会から離れていた理由は
A:02’ごろからいろいろあって、精神的に疲れていたように思います。
  結果につながらなかった04’を過ごし、一度リセットしたかったんです。
  今年参戦を決めたのは、今年サポートをしてくださっている「Whit Junkie」の店長、中村さんが
  大会に参戦するきっかけと、チャンスを与えてくださったからです。


●石田元子選手のこれまでの成績●
◆K-1クラス
・1998年:年間1位(パーセプ1位、関西1位、全日1位、東北1位、パタゴ1位、中部1位、関東1位、JO1位)
・1999年:年間2位(関西1位、JO3位、中部1位、全日1位、JO3位)
・2000年:年間1位(関西1位、北陸1位、九州1位、中部1位、KAVU1位、全日1位)
・2001年:年間2位(東北1位、北陸1位、中部3位、全日2位、JO1位)
・2002年:年間1位(東北1位、北陸1位、全日1位)
・2003年:年間4位(東北3位、北陸1位、関東3位、全日3位)
・2004年:年間1位(東北5位、北陸1位、中部1位、四国歩危1位、全日3位、選考会4位)


注:1997以前については調査中です。ただし、優勝はありません。

●通算優勝回数:28

◆SQTクラス
・2002年:年間7位(北陸4位-4/8、全日6位6/10)
・2003年:年間9位(関東4位-4/8)
・2004年:年間8位(全日5位-5/7)


注:SQTは1999年より参戦。上記リザルトは男子SQTクラス参戦での記録です。

写真提供:武田俊輔

関東大会優勝者インタビュー

関東大会C-1優勝者の飯島智樹選手のインタビューがこちらのミスで掲載を忘れていました。
飯島選手と関係者の皆様にお侘びいたします。

20060805155405.jpg


■関東大会/優勝者インタビュー■

●関東大会/男子C-1クラス優勝者 飯島智樹選手

Q.優勝した感想、気分は? 
A.素直に嬉しいです。 

Q.優勝はともかく、今大会の自分の出来は何%くらいですか?
A.50%くらいかな。

Q.自分でイメージしていたプレイはできましたか?
A.あまり出来なかった。

Q.今シーズンの具体的な目標は?ランキングor選考会他
A.6戦フル参戦。総合優勝。
  もちろん選考会で代表資格をとること。


Q.大会に参戦して何年目ですか?
A.5年位かな、よく覚えていない。

Q.月にフリースタイルの練習をする回数は?
A.毎週土日は必ず。

Q普段の練習ゲレンデは?
A.多摩川の御岳、荒川の長瀞。

Q.好きなムーブは(出来る、出来ないに関係なく)?
A.ブラント。気持ちいいね。

Q.今、ブレイで取り組んでいるテーマは?ムーブは?
A.まずは基本をしっかりと。

Q.フリースタイル競技を始めるきっかけは?
  併せてカヤックを始めたきっかけは?
A.ツーリングOCに乗っていた頃、後藤選手のプレイを見て影響を受けました。

Q.最初の大会の成績は?
A.タンの瀬で0点くらい。もちろん最下位。
  でっかいウェーブも怖かったし、周りのピリピリした雰囲気が怖くて半ベソかきながら乗ってました。


Q.ここまでの自分の成績について、どう思いますか?
A.成績についてはもう少し選手層が厚くなってから考えたいです。

Q.国内・海外問わず、好きな選手は?(プレイスタイルor他の理 由)
A.バリー・ケノン、ステロイドでも打ってそうな筋肉に惹かれました。
あと、彼のプレイをみてC-1の可能性を感じた。


Q.現在使用しているカヤックは?
  他のギアについても/パドル、スプレー、PFD、ヘルメット、ウェア
A.ロブソン レッドフレッドツインチップTT(ロブソンの艇、輸入して欲しいです)。パドル/ワーナー、スプレー/マウンテンサーフ、PFD/アストラル、ヘルメット/スウィート、ウェア/IR

Q.上手になるためには、何が必要?
A.考えること、イメージすること、練習すること、楽しむことかな?

Q.フリースタイル競技の面白さとは?
A.ホールやウェーブに乗ること自体が、ただもう単純に面白い。

Q.後、何年、選手を続けますか?
A.身体が動くかぎりは。

Q.フリースタイル競技を目指すひとにアドバイスを
A.フリースタイルは人に見せつけてナンボだと思います。
  自己満足で終わらないよう皆さん大会に出ましょう。


Q.身長、体重、年齢
A.180cm 65kg 34歳

Q.カヤック以外の趣味は?
A.B級映像鑑賞、音楽鑑賞(ブラックミュージック専門)、読書、メガネ収集

・ブラック・ミュージツクとは珍しいですね!ディープソウル?R&B、ブラコン、HipHop?

●飯島智樹選手のこれまでの成績●
・2001年:年間ランキング4位(東北4位、北陸5位、中部3位、全日3位、JO3位)
・2002年:年間ランキング6位(東北3位、北陸4位、中部4位 全日6位)
・2003年:年間ランキング4位(東北3位、北陸5位、関東3位、中部2位、全日4位)
・2004年:年間ランキング2位(東北5位、北陸4位、関東2位、中部3位、全日2位)
・2005年:年間ランキング1位(北陸1位、中部3位、関東1位、全日1位)


●通算優勝回数:4回

◆海外での成績

・2004年:プレ世界選手権・オーストラリア・クラーツ大会/12位
・2005年:世界選手権・オーストラリア・グラーツ大会/19位

2006Teva年間ランキング

Teva_black_logomac.jpg

2006年ジャパン・フリースタイル・カヤッキング

     Tevaサーキット年間総合ランキング■


 

 

2006年度のTevaサーキット全5戦が終了。

各クラスの総合優勝者が決定しました。

なお「年間総合優勝は全5戦の獲得した合計ポイントにより決定します」という規定に従い

SQTクラスは参考記録となります。

C-1も規定の試合数に足りませんが、(株)ゴールドウインの表彰もありましたので公式記録とします。
 

 

◆男子K-1クラス:小森信太郎

◆女子K-1クラス:加藤むむ

◆男子C-1クラス:飯島智樹

 

●男子K-1  東北         北陸      本山     関東      中部           合計

 1.小森信太郎 50+10  35+10                 50       25+10          190

 2.伊藤 健一      40           18     40            30           30               158

 3.松岡 良樹      12           20    35+10     20           50              147

 4.八木 達也      35           50                  35          19               139

 5.森田 恒陽      20           40    18           25          18               121

 6.久保 明大      1        16   ―       40+10        17                 98

 7.松永 和也      25           19   ―        30            20               94

 8.安藤 慎二                  ―        50                    40                  90

 9.橋本 快風        8            15       14          18          ―                  55

10.西嶋 直弘      19           ―       19                   16                   54

11.石原トオル                  25                 15          13                   53

12.森田 広治                  ―       13         19           14                   46

13.内野 哲也      16           10                 17                              43

14.佐々治哲秀      9             7         6           10            6                   38

15.高橋 佳宏      18           17                                                35

15.國友 俊男                  12       11                    12                   35

15.佐藤 正隆                  ―                            35                   35

18.藤野 健一      17           ―                 14                               31

19.柳本 達徳      30                                                             30

20.矢澤  一輝                  30                                                30

20.紺矢 雅之      7             13       9                                           29

22.北村 久光                            25                                       25

23,木村 隆志      13                                           11                 24

24.粟津 督央      10                                13                            23

24.川嶋 秀和                  6                      8            9                  23

26.十持  圭一               16          6                                        22

27.貝本 宣広                            20                                      20

28.井上 健司                  9         10                                      19

29.池田                    11                                  7               18

29.北野谷昇治                            8                       10           18         

31.永本 憲司                            17          ―     -     17 

31.大塚 直靖                                       9             8            17

33.清水 俊行                                    16                       16

34.川北 雅之                            15                                15

34.鎌田  博匡                  15                                        15

34.土田 卓巳                                                  15          15

37.中村  晃      14                                                      14

38.米澤 路浩      5             8                                          13

39.青木 順一                            12                                12

39.加納 宏明   ―                 12                     -     12

41.草薙 朗                                          11                     11

41.柴崎 則明      11                                                      11

43.倉本 昌幸                            5                       5            10

44.田中 誠一      6                                                        6

45.酒井 浩之      5                                                        5

45.田中 守                               5                                 5

45.三宅 智之                                       5                   5

45.光川 徹                                          5                       5

 

 

●女子K-1    東北       北陸       本山       関東       中部        合計

 1.加藤 むむ      50          40  40+10 40+10     19           209

 2.岡部 純子      25          35          50          25          25           160

 3.田中 伴恵      19                     30          50          40           139

 4.倉貫 葉子      17          30          20          20          35           122

 5.石田 元子      40                                30          50           120

 6.犬飼 聡子  35+10                          35    30+10       120

 7.真鍋 由紀      ―   50+10      -    17          15           92

 9.山上 綾子      20                     25          16          17            78

10.山本 礼         18                               18          20           56

11.大槻 利佐      30                                           18           48

12.濱名 としえ  16                                                       16

 

 

●男子C-1    東北       北陸       本山       関東        中部        合計

1.飯島 智樹        35                     40    50+10   35           170

2.松沢 英冶   50+10     ―   35                50+10       155

3.三馬 正敏        40              50+10                 ―        100

4.伊藤 健一        20                                40          40           100

5.佐々治哲秀                                       35         25           60

6.森田 恒陽        30                                                       30

7.西垣 克俊                                                    30           30

8.永本 憲司        25                                                       25

 

●男子SQT  関東   中部  合計

1.石原 亨       50       50       100

2.鈴木 崇       35       30        65            

3.森田 哲       ―    40        40

3.橋本快風     40               40

5.佐々治哲    ―      35       35

 

●女子SQT  関東  中部  合計

1.真鍋由紀      40       40        80

2.山本 礼       30      30        60

3.犬飼聡子      50       ―       50

3.石田元子             50        50

      

20060803163831.jpg
20060803163847.jpg
20060803163903.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。