JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本選手権/優勝者インタビュー

■優勝者インタビュー/KEENカップ全日本選手権■

男子K-1クラス優勝:八木達也選手

20061128130813.jpg

20061128130659.jpg


Q.全日本のチャンピオンになっての感想は
A.嬉しいの一言です。

Q.全日本のプレイのできは?
A.結果には満足ですが内容にはもっと磨きをかけなければと思っています。

Q.今回は選考会を兼ねていましたが、プレッシャーはありましたか
A.程よいプレッシャーはあったほうが楽しめるはずだと考えています。
丁度いいぐらいあったかな…。


Q.井田川のホールについての感想は
A.ここ数年は行く度に表情が違っていてどうやって試合を組み立てていくか、今回もそういった意味で楽しめました。

Q.井田川での理想とするバラエティの組み立てについて教えてください
A.キッチリとしたムーブをつなげていくことですかね。

Q.バラエティ&テクニカル他、どういうプランを考えていましたか?
A.バランスの取れた内容を考えていました。勝つためのプランですね。

Q.全トライアルの中での快心のプレイは?
A.「快心」というまでのプレイはありませんでしたが、気持ちの良いループが出来ました。

Q.来年の世界選手権についての豊富他
A.5月開催と例年よりもコンディション作りに難しさがあると思いますので、充実した状態で試合に臨み運を味方につけるのとですね。


写真提供:武田俊輔


スポンサーサイト

全日本選手権/優勝者インタビュー

■優勝者インタビュー/KEENカップ全日本選手権■

男子SQTクラス優勝:石原 亨選手

20061128131446.jpg

20061128131508.jpg


Q.全日本選手権のチャンピオンになっての感想は
A.チャンピオンになるために練習してきたので満足です。

Q.全日本選手権のプレイのできは?
A.反省点を挙げればきりがありませんが、結果が良かったので満足です。

Q.今回は選考会を兼ねていましたが、プレッシャーはありましたか
A.選考会という事に関してのプレッシャーは特にありませんでした。

Q.今回の会場の「サーモン116」についての感想は
A.しっかり潜るミステリースポット、静水ではない複雑な流れがある  深いエディー、ジャッジの目の前で演技ができる河原。
  どの部分をとっても、私が過去10年間Sqクラスに参戦してきた  中でもっともすばらしい会場でした。  
  この場所を見つけてくれた地元Sqパドラーの中田氏に感謝します


Q.今回の会場での理想とするバラエティの組み立てについて教えてください
A.ミステリームーブとエディー内でのルーティーンをバランス良く組み合わせることが理想でしょうか。

Q.プレイについてどういうプランを考えていましたか?
A.高得点を出す事はもちろんですが、観に来てくれているお客さんに  楽しんでもらえるプレイを常に心がけています。

Q.全トライアルの中での快心のプレイは?
A.3トライ全てでミステリームーブの大きなダウンタイムを決められたことです。

注:ダウンタイムは各トライアル順に9秒、7秒、5秒でした。

Q.来年の世界選手権についての抱負他
A.当然優勝です。


写真提供:武田俊輔

KEENカップ/全日本選手権結果

20061128131755.jpg



■KEENカップ/全日本選手権&2007年第9回世界選手権代表選手選考会大会リザルト■



●K-1男子予選結果

20061128131828.jpg


1. 八木 達也 340.00 308.75 648.75
2. 松永 和也 240.00 217.75 457.75
3. 森田 恒陽 122.50 333.00 455.50
4. 久保 明大 153.00 258.75 411.75
5. 松岡 良樹 120.00 192.00 312.00
6. 佐藤 正隆 138.00 152.50 290.50
7. 小森 信太郎 135.00 128.00 263.00
8. 高橋 佳宏 164.00 98.00 262.00
9. 西嶋 直弘 98.00 148.00 246.00
10.貝本 宣広 172.50 65.00 237.50
11.石原 亨 53.75 178.75 232.50
12.橋本 快風 67.50 156.00 223.50
13.十持 圭一 80.50 96.75 177.25
14.川北 雅之 85.00 96.75 143.00
15.伊藤 健一 71.75 57.75 129.50
16.鎌田 博匡 66.25 57.50 123.75
17.永本 憲司 68.00 50.00 118.00
18.森田 広治 8.00 72.00 80.00
19.池田 敦 45.00 27.00 72.00
20.国友 俊男 15.00 46.00 61.00
21.田中 誠一 26.00 32.50 58.50
22.石塚 和彦 46.25 12.00 58.25
23.倉本 昌幸 0.00 46.00 46.00
24.米澤 路浩 28.00 0.00 28.00
25.川島 秀和 9.00 6.00 15.00
26.佐々冶 哲秀 0.00 0.00 0.00

op羽田 豊彦 27.00 16.00 43.00

欠場.紺矢 雅之 -
欠場.柳本 達徳 -
欠場.矢澤 一輝 -

●K-1男子準決勝結果(1/2採用)
1. 森田 恒陽 105.75 546 546
2. 八木 達也 288.00 409.5 409.5
3. 西嶋 直弘 264.00 338.25 338.25
4. 佐藤 正隆 274.50 41.25 274.5
5. 久保 明大 13.50 232.5 232.5
6. 小森 信太郎 146.25 231 231
7. 松永 和也 172.50 126 172.5
8. 高橋 佳宏 171.00 158 171
9. 松岡 良樹 157.50 108 157.5
10.貝本 宣広 97.50 148.5 148.5

●決勝5人進出
1. 森田 恒陽 265.00
2. 佐藤 正隆 182.00
3. 久保 明大 168.75
4. 八木 達也 157.50
5. 西嶋 直弘 128.00

●決勝4→3
1. 八木 達也 198.00
2. 佐藤 正隆 132.00
3. 森田 恒陽 47.25
4. 久保 明大 43.50

●決勝3→2
1. 森田 恒陽 324.00
2. 八木 達也 215.00
3.佐藤 正隆 114.00

●優勝決定戦
1. 八木 達也 282.50
2. 森田 恒陽 210.00

●K-1女子予選結果

20061128131851.jpg


1. 犬飼 聡子 48.00 48.00 96.00
2. 石田元子 30.00 10.00 40.00
3. 犬飼 聡子 31.25 8.00 39.25
4. 倉貫 葉子   11.00 26.00 37.00
5. 加藤むむ 17.00 18.00 35.00
6. 田中 伴恵   16.00 18.00 34.00
7. 木村 小春   15.00 14.00 29.00
8. 時田 陽子   8.00 15.00 23.00
9. 浜名 としえ  19.00 2.00 21.00
10.真鍋 由紀   16.25 0.00 16.25

●決勝5→4
1. 加藤 むむ 82.00
2. 犬飼 聡子 49.50
3. 倉貫 葉子 40.00
4. 石田 元子 14.00
5. 山上 綾子 8.00

●決勝4→3
1. 加藤 むむ 31.25
2. 犬飼 聡子 26.00
3. 石田 元子 22.00
4. 倉貫 葉子 11.00

●決勝3→2
1. 加藤 むむ 61.25
2. 犬飼 聡子 26.25
3. 石田 元子 24.00

●優勝決定戦
1. 加藤 むむ 99.00
2. 犬飼 聡子 26.00


●C-1予選結果

C-1x.jpg


1. 松沢 英治 148.50 135.00 283.50
2. 三馬 正敏 56.00 94.50 150.50
3. 飯島 智樹 54.00 41.25 95.25
4. 伊藤 健一 7.00 72.00 79.00
5. 永本 憲司 9.00 13.00 22.00
欠場.佐々治 哲秀

●決勝3→2
1. 松沢 英治 77.00
2. 飯島 智樹 42.00
3. 三馬 正敏 30.00

●優勝決定戦
1. 松沢 英治 68.75
2. 飯島 智樹 40.25

●男子SQT予選・決勝(2/3採用)

sqx.jpg

 
1トライ 2トライ 3トライ 合計 得点

1 石原 亨 A: 96 110 102 合計212/B: 106 94 98 合計204 得点416
2 森田 恒陽 A: 110.6 120 114.8 合計234.8 /B 54 90.1 57.2 合計147.3  得点382.1
3 石塚 和彦 A 96 94 25.2 合計190/B 76 96 38.4 合計172 得点362
4 小倉 陽一 A 43.2 46.2 66.6 合計112.8/B 64.8 37.8 75.6 合計140.4 得点253.2
5 橋本 快風 A 17.6 42 56 合計98/B 26.4 40.6 38.4 合計79 得点177
6 鈴木 崇 A 14 27.2 28.8 合計56/B 8.4 22.4 23.4 合計45.8 得点101.8
7 佐々治 哲秀 A 8.4 8.4 7.2 合計16.8 /B 7 5.6 4.8 合計12.6 得点29.4

●女子SQT予選・決勝/参考記録
1 石田 元子 A 66 56 49.4 合計122 B/64 74 39.6 合計138 得点260
2 眞鍋 由紀 A 6.6 10.8 6.6 合計17.4 B/3.3 7.2 3.3 合計10.5 得点27.9



写真提供:武田俊輔

2007世界選手権のチームサイズについて

■「2007年世界選手権」の選手の国別の選手枠(チームサイズ)について■

現在の時点では、選手枠をICFでも把握していないと思われます。
IFCが崩壊してしまった現在、今までアメリカが先頭をきって運営していたものを、ヨーロッパ主導のICFが動かすことになるのですが、来年のカナダの世界選手権では、アメリカの協力がまったくないようなので、選手枠の決定はおろか、具体的な大会要綱も決定されていない状況です。
このようなことは異常な事態であり、今年度と来年度は現状が継続してしまうと考えられますが、ICFの中でのフリースタイルの各人事が決定され、運営がなされれば、スムーズにいろいろなことが進むと思われます。

現時点では、来年のワールドの詳細が発表されるのを待つしかありません。
世界中で、今年度中にワールドの選手が決定されるのは日本位ですから
今の現状では直ぐにチーム枠が決定されるとは考えられません。

なお、来年の世界選手権について、協会では関係者にメールで問い合わせをしています。詳細が分かればインフォメーションします

JFKA選手会2007年度役員

■JFKA選手会からのお知らせ■

全日本選手権終了後、選手会総会を開催し、2007年度の選手会長・副会長・地区代表が決まりました。

選手会長  松永和也(北陸以北)
副会長   倉貫葉子(関東)
関東    久保明大 
関西    松沢英治 
中部    池田 敦
四国    三馬正敏
中国以南  国友俊男

ワールドカップ出場選手インタビュー

■出場選手インタビュー/松永和也選手■

Q:ワールドカップの雰囲気はどうでした
A:よかったです

Q:今大会に参加しての感想は
A:楽しかった!
  でも渇水で大会当日も含めて3日間しか漕げなかったのでもっと漕ぎたかった


Q:大会会場はどんなホールorウェーブ? コンディションは
A:板取川のラーメンのマキマキのときを幅を広くした感じ

Q:大会のリザルト(結果)についての感想は
A:実力不足です。

Q:世界のレベルをどう感じましたか
A:高いけど追いつけないほどじゃない

Q:今回の大会に参戦して何を一番学びましたか。
  また何が勉強になりましたか
A: スポットが荒れてるから技が出せないんじゃなくて。
  どこでもだせるように


Q:大会トータルで自分の実力の何%がだせましたか
A:結果が自分の実力です

Q:100%出せなかった理由は
A:-----

Q:大会に参加して自分に何か足りないと感じましたか
A:経験と技術

Q:今大会で気になった選手はいましたか
A:スティーブン・ライト

Q:ボートの差はありますか
A:そのスポットに対して有利不利はあると思うけど、そのボートの特徴にあった乗り方が出来るかどうかじゃないかな

Q:ジャツジングはバラエティ・ポイントだけの採用でしたが、どう思いますか?
A:ビックムーブが見れていいと思うし、そのまま採用するかは別にして、日本でもやって欲しい。
  けどスポットによっては難しい場合もあるので、全試合このルールじゃなくてもいいと思う。


Q:各クラスによって違うと思いますが、日本人の実力は世界の中でどの程度ですか
A:日本人というより個人のスポーツなので・・・どうなんでしょう?

Q:海外のパドラーと比較して、日本人の良さみたいなものはありますか、また感じましたか
A:------

Q:来年の世界選手権への意気込みは
A:選考に落ちてしまったのでどうもこうもありませんが、もし何かでチャンスがあれば是非行きたいです

Q:フリーコメントです。感じたこと、思ったことを自由に
A:ワールドカップは誰でも出れるのでもっといろんな人に出て欲しい。
  日本の試合以上に得るものがあると思います。
  今回EJに大変お世話になったので感謝です。
  日本から応援してくださった皆様、スポンサー様、ありがとうございました。

KEENカップ/全日本選手権結果

20060329133909.jpg


■KEENカップ/全日本選手権&2007年第9回世界選手権代表選手選考会大会■

「KEEN CUP全日本選手権&世界選手権代表選手選考会」が終了しました。
取り急ぎ、最終順位を掲載いたします。
リザルト詳細については後日、掲載いたします。

20061106155518.jpg


【最終順位】

●男子K-1クラス
1.八木達也
2.森田恒陽
3.佐藤正隆
4.久保明大
5.西嶋直弘
6.小森信太郎
7.松永和也
8.高橋佳宏
9.松岡良樹
10.貝本宣広
11.石原 亨
12.橋本快風
13.十持圭一
14.川北雅之
15.伊藤健一
16.鎌田博匡
17.永本憲司
18.森田広治
19.池田 敦
20.国友俊男
21.田中誠一
22.石塚和彦
23.倉本昌幸
24.米澤路浩
25.川島秀和
26.佐々治哲秀
27.紺矢雅之
28.羽田豊彦(オープン)

●女子K-1クラス
1.加藤むむ
2.犬飼聡子
3.石田元子
4.倉貫葉子
5.山上綾子
6.田中伴恵
7.木村小春
8.時田陽子
9.浜名としえ
10.真鍋由紀

●男子C-1クラス
1.松沢英治
2.飯島智樹
3.三馬正敏
4.伊藤健一
5.永本憲司

●男子SQTクラス
1.石原 亨
2.森田恒陽
3.石塚和彦
4.小倉陽一
5.橋本快風
6.鈴木 崇
7.佐々治哲秀

●女子SQTクラス
1.石田元子
2.真鍋由紀
注:競技不成立のため参考記録

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。