JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長良川大会のビギナークラスの採点基準について

■長良川大会ビギナークラスの採点基準■


新設のビギナークラスは下記の採点基準/ジャッジング・フォーマットにより
実施いたします。
得点は加算方式となります。

・エンダー 1点
・スピン 1点
・ラウンドハウス 2点
・カートホイール 3点(角度45度以上)
・スプリット 4点
・ブラント 4点
・ループ 8点
スポンサーサイト

吉野川大会のカヤッククロス開催について

■吉野川大会のカヤッククロス開催■

要項段階では記載していませんでしたが、吉野川大会でカヤツククロスを開催いたします。
エントリーの締め切りは5月26日までてす。

問い合わせはカキモトスポーツへ。

kakispo@sun.inforyoma.or.jp
0887ー76ー0777

2008ジャパン・フリースタイル・カヤック・サーキット第4戦

■2008ジャパン・フリースタイル・カヤック・サーキット/第4戦長良川大会要項■

長良川大会ではこれまでJFKAkの大会に出場したことのないパドラーが気軽に出場できる
ビギナークラスを新設しました。
ビギナークラスはJFKA公式大会に出場経験のない人、フリースタイルを始めたばかりの人が対象となります。
ジャッジングについても分かりやすくシンブルなもので実施いたします。
ジャッジングフォーマットについては決定次第、発表いたします。

エントリーは5月20日~6月4日までです。
エントリーはメールで受付いたします。
エントリーは氏名と出場競技、クラスを記載してください。
ビギナークラス出場者は住所、連絡先、生年月日を記載してください。
カヤッククロスだけのエントリーも同様です。


◆2008Wavesports Cup長良川大会要項◆

●主  催:JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会
       事務局 大阪市北区中之島4-2-28 ヒュ―ス中之島1102
       TEL 06-6453-6771
       FAX 06-4706-2078

●特別協賛:高階救命器具株式会社 

●開催日時:2008年6月22日(日) 予備日29日(日)

●開催場所:岐阜県郡上八幡・スケボーの瀬または木尾ウェーブ

時期的に水量不足が懸念されますが、開催の条件及び判断基準として昨年と同様に6月21日(土)午後の時点で
美濃橋水位ー30cm以上の場合はスケボーの瀬で開催、-30cm以下の場合は木尾ウェーブでの開催を基本として予定しています。
水量によっては条件設定が変わることもあります。
また土曜日夜の天候次第では、上記の限りではなく、変更することもあります。

●競技種目
・フリースタイル:男子総合クラス-男子K-1、男子C-1)、女子K-1クラス
・フリースタイル:ビギナークラス-男子K-1クラス、女子K-1クラス
 予選・決勝=2本の合計により順位決定
・カヤッククロス:男子クラス、女子クラス

●参 加 費
・フリースタイル:6000円(K-1とC-1のダブルエントリー7000円)
・フリースタイル・ビギナークラス:3000円       
・カヤッククロス:1000円(フリースタイル部門の参加者は無料)

●定   員
フリースタイル部門:40名
フリースタイル・ビギナー部門20名
カヤッククロス部門:32名

●表  彰:各部門各クラス1~3位にメダルを贈呈

●フリースタイル競技方法 
                
・競技時間:1ライド(トライアル)45秒

○予 選:男子総合・女子/45秒、2ライド、2採用の合計
スタート順は昨年度のランキング順にて5~6選手で1グループ作り3トライアルを行います。
各組スタート前に5分間のプラクティスを設けます。
K-1とC-1を両方エントリーする場合、競技はC-1から出艇するが、 K-1での出艇順は考慮しない。

○準決勝:45秒、2ライド、1採用
スタート順は予選下位より行います。
 
○決 勝:45秒、3ライド、1採用
3回のライドを各選手が行い、3回の中の最高得点により最終順位が決定します。
スタート順は準決の下位より行います。
5名が前回の順位に沿って1回ずつ演技する。
その結果で2回目の出艇順が変わる。
2回目の成績に沿って3回目の出艇順が決まる
各選手演技終了後すぐに得点を発表する。
タイブレーク(同点/同着):同点、同着の場合の優先順位は、行われた最上級のムーブ、採用されなかったライド、前回のライドの順位である。

●審査方法
2008年JFKAジャッジングフォーマットに準じる。
予選、決勝ともにバラエティー3審(2名がJFKA公認ジャッジ)       
バラエティーポイントは最高点と最低点をカットの1審採用

●ジャッジ:小倉陽一、早川正志、高橋佳宏
        
●参加資格
2008年度JFKA選手登録者
心身ともに健康で、競技規則及びマナーを心得たセルフレスキューのできる方。
注:高校生以下の選手は保護者の同意書(エントリー用紙)を提出すること。

●出場艇:危険な改造をしていないもの。
       
●スケジュール:詳細については後日発表。 

・6月21日(土)
開会式
カヤッククロス競技/予選・決勝

・6月22日(日)
フリースタイル競技/予選→準決勝→決勝

●エントリー受付・締切:5月20日(金)~6月4日(木)まで(厳守)
        メール・郵送にて下記事務局まで送付してください。

●エントリー費振込先:りそな銀行 堂島支店 普通8329894 日本フリースタイル・カヤック協会

●申し込み先:JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会
       530-0005 大阪市北区中之島4-2-28-1102
       TEL/06-6447-1161
       FAX/06-6448-0980
       Eメール:jfka1990@gmail.com

●問い合わせ:090-8126-9356 保田

●その他
・レスキューは選手相互のレスキューを基本とします。
 1番の選手の試技時、最後から5人が救助体制をとり、競技終了後の選手は、次の選手の救助体制に入る。
・常時5名が救助体制に入ること。
・当日の天候、川の状況により競技方法、審査方法は変更する場合があります。
・大会内容の変更、延期または中止する場合がありますが、エントリー後の試合放棄と同様、エントリーフィーの返金は致しません。
 また選手自身の都合により棄権する場合も同様にエントリーフィーの返金は致しません。

HERO CUPの開催日変更

■カヤックククロス・ゲーム"HERO CUP大会の日程変更■

5月17日に開催予定のHERO CUPは6月7日(土)に変更となりました。
会場、時間等の変更はありません。



●翌日の6月8日(日)には人気の「奥多摩ふれあいカヌー・フェスティバル」が開催されます。

大会名は「奥多摩カップカヌー競技大会」。
フリースタイルのデモンストレーションや氷川キャンプ場から白丸湖まで約3キロのコースによるフリースタールボート部門のダウンリバーレースも行われます。
定員は先着順で230名です。
詳細は下記サイトより。

http://www.okutamacanoe.jp/festival/index.html

2008吉野川大会要項

■2008ジャパンフリースタイル・カヤックサーキット/第3戦吉野川大会■
    ■2008フリースタイルカヤック・四国本山オープン大会■



◆大会要項

・主  催:リバーラン・プラス、カキモトスポーツ

・主  管:JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会

・後  援:本山町・本山町教育委員会・本山町観光協会・高知県カヌー協会

・協  力:BOKE FUN CLUB

・日  程:平成20年6月1(日)午前8時より午後4時まで
      
・会  場:アドウェーブ(高知県本山町・吉野川) 

・競技種目:男子K‐1、C‐1、女子K‐1

・参 加 費:3000円 サーキット参加者は6000円(ダブルエントリーは1000円+)学生は3000円

・定 員:なし

・表  彰:各クラス、上位3名を表彰

・競技方法:1トライアル45秒

・予  選:各クラス2トライアル2採用。男子K-1クラス、参加人数により上位○人が準決勝へ。
      昨年度の年間ランキング順に4~6選手でグループ。
      各組スタート前に5分間のフリー・プラクティスを行う。

・準 決 勝:男子K-1/上位5人が決勝へ。2トライアル1採用。
      予選下位より2グループで行います。

・決  勝:男子K-1/5名 女子K-1/10名以上出場で5名、10名以下は3名が決勝進出。
3トライアル13用。スタート順は準決勝下位より行います。

・競技規則:最新の競技規則とする。

・審査方法:2008年JFKAジャッジング・フォーマットに準じます。
      予選、決勝ともにバラエティ3審
      競技方法、審査方法は、選手ミーティング時に変更する場合がある。

・参加資格:心身ともに健康で、競技規則及びマナーを心得たセルフレスキューの出来る方。
       高校生以下の方は保護者の同意書を提出すること。
       サーキット参加者はJFKA選手登録しているもの。

・出 場 艇:危険な改造をしていないもの。
      予選・決勝を通じて使用するカヤックの変更は自由とする。
      艇の変更は競技委員長に届ける必要は無い。

●エントリー申込:2008年5月1日(木)から5月26日(月)まで。期間厳守。
      参加申込書は、FAX・メール・郵送にて下記事務局まで送付すること。
     参加費は現金書留にて送付するか、下記口座まで振り込むこと。

●エントリー申し込み先
 〒781-3601
 高知県長岡郡本山町本山800番地
 カキモトスポーツ
 TEL:0887‐76‐2777 FAX:0887‐76‐2778
メール kakispo@sun.inforyoma.or.jp
 
●エントリーフィー振込み口座
 四国銀行 本山支店 普通 0141984
 カヌー大会 柿本英児 

●スケジュール   
  8:00  受付開始
  8:30  開会式
        予選開始 男子K-1→女子K-1→男子C-1
        終了後集計、昼食
        男子K-1準決勝、各種目決勝
 15:30  閉会式

●受付場所:高知自動車道大豊インター下車 国道439号を本山方面へ15分。
      本山市街地、嶺北中央病院を過ぎて1つ目の信号を右折、沈下橋の手前河原にて、駐車及び受付。

●そ の 他   
 ・競技中の事故については、応急処置は致しますが、保険の範囲以外の責任は負いません。
 ・指定キャンプ場以外のテント泊並びに路上での無許可駐車は遠慮してください。
  主催者で地区の集会所を準備いたします。1泊1500円程度で宿泊できる予定です。
  希望者は、その旨申込書に記載してください。集会所を使用の際は、使用規定を遵守してください。
・ 前日の夜、ウェルカムパーティーを開催いたします。(方法など未定。)
・ 当日の天候、川の状況などにより大会内容の変更、延期または中止する場合がありますが
・ エントリー後の棄権と同様、参加費の返却は致しません。
・ 今大会期間中の取材撮影は、大会主催者は全て許可いたします。不都合のある選手は
申し出てください。

選手会主催のクリニック開催-長良川大会

■長良川大会にて選手会主催のクリニック開催が決定■

井田川大会で好評だったクリニックを長良川大会の前日の6月21日(土)に開催いたします。

クリニックには誰でも参加できます。
もちろん無料です。
スキルアップを目指す人、大会参加を考えている人は是非、ご参加ください。
詳細については決定次第、紹介します。


●井田川大会でのクリニックの内容

先日の井田川大会にて選手会主催のクリニックが開催されました。
大会参加者、大会未参加のビギナーと合わせて参加者は20名。
クリニックはそれぞれ経験・レベルに応じたクラス分けにより
1回約90分のクリニックを実施。
トップパドラーよりたっぷりと学び、それぞれスキルアップを果たしたようです。


スクール前傾zz


【5クラスに分かれてのクリニックを実施】

・小森信太郎クラス

試合でのプレイを想定して、ホールからのイグジットやポジション取りから詳しいループのさし方。
そして小森選手の実戦経験に基づいた「試合で意識しているポイント」など。


小森zz


・松岡良樹クラス

井田川をただ下るだけではなくエディキャッチやフェリーグライド等を使った上手な川の下り方。
松岡選手の正確なプレイならではのエントリー方法やスピンの解説。


松岡zz


・松永和也クラス

多くのダウンリバーでの経験を基に、実践的なテクニックやゲートを使った練習。
ウェーブクリニックでは松永選手のビックムーブのベースを個人のスタイルに合わせて解説。


松永先生zz


・八木達也クラス

"井田川を安全に下る"を目標に、八木選手がワイルドなどでこれまで培ったテクニックを基に
ライン取りやパドリング等を解説。


八木スクールzz


・加藤むむクラス

ダウンリバーやスポットプレイを通して、女性ならではのライン取りや力の使い方。
参加者は翌日のカヤッククロスで活躍!


むむスクールzz

テバ&ヘリーハンセン・リバーゲーム井田川大会リザルト

テバzz


■2008ジャパン・フリースタイル・カヤック・サーキット第2戦:井田川大会■


【テバ&ヘリーハンセン・リバーゲーム井田川大会リザルト】


5月4日、5日、6日の3日間にわたり開催された
「テバ&ヘリーハンセン・リバーゲーム井田川大会」。
スラローム、フリースタイル、ラフティングの3つの分野のパドルスポーツが
集い、3日間にわたって4種の競技が行われました。

2日目に行われたカヤッククロスには男子26人、女子9人が出場。
特に男子のクラスはフリースタイラー13人、ラフター6人、スラローマー7人がエントリー。
それぞれのメンツをかけて、白熱した競技となりました。

カヤッククロスの1回戦では失格者が9人でましたが
うち4人は途中からスイミングするなど
なかなかハードのようでした。

最終日には日本ラフターズ協会の協力の元に、ラフティングのスラロームが行われ
昨年の世界選手権の日本代表チームを含むラフト4チーム、フリースタイル3チーム、スラローム5チームが出場して
熱い火花を散らし、最高の盛り上がりを見せました。
初めてラフトに乗るスラローマーもスタート直後のホールで見事にバックエンダーを披露したり
全員が川に投げ出され、ラフトだけが延々とホールでダンスをしているという光景もありました。

それぞれに自分の競技分野では自信を持っている選手も
他の競技分野となると勝手が違うようですが
それなりに選手自身もおおいに楽しめた大会となりました。



■フリースタイル競技■

【男子混合(K-1/C-1)クラス】


八木達也選手
八木zzzz


予選で3位に入ったのはかつてフリースタイルの世界選手権Jrクラスで4位入賞の実績のある矢沢選手。
先のNHK杯スラロームで優勝。北京オリンピックの代表選手の有力候補です。
また準決勝進出8人の中にやはりスラロームの佐藤選手が入りました。
フリースタイルのトップ選手が何人か出場していないとはいえ、久しぶりのフリースタイル出場でも
実力を見せてくれました。


●予選

1本目 2本目 予選計

1.松永和也 12 45 57
2.八木達也 23 18 41
3.矢沢一輝 22 15 37
4.十持圭一 11 24 35
5.伊藤健一 20 9 29
6.西塔純人 9 20 29
7.松岡良樹 13 12 25
8.佐藤俊平 4 7 11
9.国友俊男 9 1 10
10.田中守 2 8 10
11.廣光健二 4 2 6
12.飯島智樹(c-1) 3 3 6
13.内野哲也 5 0 5
14.吉田 拓 3 2 5
15.川嶋秀和 2 0 2
16.幸本和人 1 1 2
17.佐藤悠史 0 1 1


●準決勝

1本目 2本目 得点

1.八木達也 21 44 44
2.松永和也 28 13 28
3.松岡良樹 13 26 26
4.十持圭一 4 20 20
5.矢沢一輝 19 18 19
6.伊藤健一 11 17 17
7.佐藤俊平 6 11 11
8.西塔純人 9 2 9



●決勝

q@yd.jpg


<1本目で松岡選手はエアループ、ループ他で25点を獲得。
松永、八木の両選手はその25点を意識してのライディング。
松永選手がエアループB、4endカート、スプリット他を繰り出して31点を叩き出すと
八木選手はトリッキーウー、エアループ、ループ、カート他を見せ46点と逆転。

2本目、松岡選手は26点。
対して松永選手はループ、トリッキーウー、フェニックスモンキー、カート、スピンと
ほぼ完璧ともいえるライディングで49点と八木選手を僅か3ポイント上回り、再逆転。
しかし八木選手はループ、エアループ、トリッキーウー、スブリット、カート、スピンと
6種のムープを見せて54点と松永選手をさらに逆転。

3本目、松永選手はエアループ、トリッキーウー、カート、スピンと頑張るものの
54点には届かず39点。

この時点で八木選手の優勝が決定する。


注:紹介したムーブは採用されたジャッジングに基づいています。

1本目 2本目 3本目 得点

1.八木達也 46 54 43 54
2.松永和也 30 49 39 49
3.松岡良樹 25 26 2 26
4.矢沢一輝 8 6 21 21
5.十持圭一 5 1 4 5



【女子K-1クラス】

加藤むむ選手
むむzz

写真提供:小倉陽一

予選・決勝と圧倒的な力を見せ付けた加藤選手。
予選の段階からエアループ、ループを確実に決める勢いは
決勝でも変わらず、決勝1本目では予選を上回る28点を獲得。
他の選手の調子から1本目にして早くも優勝は決まりという雰囲気。
決勝の3本をコンスタントにまとめた加藤選手はお見事というしかない。

参考までに加藤選手の叩き出した予選合計の50点は
男子の予選と比較すると第2位に相当。
決勝の28点は男子決勝の第3位に相当するという快挙です。


●予選

1本目 2本目 予選計

1.加藤むむ  27 23 50
2.倉貫葉子   0 18 18
3.リサ・ヤリタ 2 0 2
4.石田元子 1 1 2
5.服部千晴 0 1 1


●決勝

女子kzz


1本目 2本目 3本目 得点

1.加藤むむ 28 17 20 28
2.倉貫葉子 2 2 5 5
3.リサ・ヤリタ 0 4 0 4


■カヤッククロス競技■

カヤッククロス・スプリント・ダウンリバー・レース(プレイボート使用)
タイムは秒、SLはスラローマー、RAはラフター。 

【男子クラス】

1.松永和也  46.93
2.八木達也  47.12
3.松岡良樹  48.21
4.秋田康行(SL)  49.4
5.伊藤健一  49.74
6.浅野重人(RA)  49.87
7.十持圭一  50.77
8.内野哲也  51.06
9.池田拓也(RA)  51.74
10.幸本和人  52.47
11.柴田大悟(RA)  53.24
12.鈴木達也(RA)  53.43
13.後藤樹一(SL)  53.9
14.佐藤悠史 53.97
15.富田寛之(RA)  54.27
16.田中守 54.62
17.国友俊男 55.46
18.川嶋秀和 55.97
19.西塔純人 56.49
20.中田考次(SL) 56.97
21.柏木星穂(RA)  57.15
22.高橋 強(SL)  57.47
23.高司辰己(SL) 58.65
24.長谷川毅(SL) 58.74
25.廣光健二 59.71
26.村岡(SL)  64.96


【女子クラス】

1.服部千晴 49.94
2.石田元子 51.94
3.加藤むむ 53.58
4.北 雅恵  54.12
5.和田圭子  56.15
6.倉貫葉子  57.02
8.リサ・ヤリタ 57.86
9.小幡比佐子   62.09


●実施方法

カヤッククロスのスプリント競技の結果によって組分け。
男子は7組。各組1位のみが準決勝進出。
7人を2組に分け、各組2位までが決勝進出。
女子は2組。各組2位までが決勝進出。

カヤッククロスは6ゲートを設定。
ダウン4+アップ2。
ゲートセッターはスラロームの佐藤俊平選手。

●最終結果

【男子クラス】

男子クロスzz


1.池田拓也
2.八木達也
3.松永和也


【女子クラス】

女子クロスzz


1.石田元子
2.服部千晴
3.加藤むむ



■スラローム競技■

【男子k-1クラス】

1.佐々木 翼   94.15 89.03
2.金谷 徹 92.82 93.90
3.矢沢一輝 93.39 98.42
4.橋本夢大 96.85 94.32
5.安藤太郎 98.03 93.15
6.足立和也 100/52 94.09
7.市場大樹 95.44 98.41
8.吉田 拓 95.90 115.43
9.高木信寿 115.02 101.49
10.羽根田翔太郎 121.00 106.41
11.佐伯雄太郎 118.31 120.25
12.横山夏生 136.41 111.27
13.佐藤俊平 125.61 119.31
14.秋田康行 166.32 107.56
15.松山 淳 127.30 134.69
16.晴原健司 156.71 149.93
17.後藤樹一 155.91 124.85
18.高橋 強 158.86 156.62
19.長谷川毅 268.02 170.00


【女子K-1クラス】

1.矢沢亜季 127.17 115.09
2.斉藤真知子 132.79 124.06
3.寺垣 光 134.75 151.18
4.松崎 結 148.21 132.15
5.絵里子 249.62 120.19
6.荒城祐佳 143.35 151.88
7.宮下佐和子 231.98 196.49


【男子C-1クラス】

1.羽根田卓也 98.02 92.63
2.服部洋一郎 108.53 111.01
3.谷口和也 108.51 123.61
4.近藤恭輔 118.90 124.73
5.佐々木翔太 120.00 132.38
6.中原三義 144.99 142.60
7.栗本慎吾 145.88 145.12
8.佐々木翼 168.04 177.25


【男子C-2クラス】

1.三馬・長尾 119.67 104.75

c2zz.jpg


■ラフティング・スラローム競技■

ラフトzz


ラフト2zz


第3位:スラローム男子Jrチーム

ラフト3位zz


第2位:チーム・テイケイBチーム

ラフト2位zz


第1位:チーム・テイケイAチーム

ラフト1位zz



●ラフト・スラローム・リザルト(1/2採用) CD浅野重人 8G(4UP) 12チーム48名

Rank Time 1 2 3 4 5 6 7 8 Pen Total


1.ラフティングチームテイケイA(池田拓也、鈴木達也、柏木星穂、柴田大吾)
① 117.71 50 50 50 5 155 272.71
② 102.25 5 5 107.25

2.ラフティングチームテイケイB(富田寛之、小林靖央、高畑将之、森本淳史)
① 117.53 5 5 10 127.53
② 108.41 0 108.41

3.S-K カミセン(橋本夢大、矢澤一輝、吉田拓、佐々木優)
① 104.12 5 5 109.12


4.S-K トニセン(山中修司、安藤太郎、佐々木翼、市場大樹)
① 120.05 5 5 10 130.05
② 100.97 5 5 10 110.97

5.セコムしてますか(飯島智樹、松永和也、松岡良樹、八木達也)
① 116.84 5 5 5 15 131.84
② 111.07 5 5 116.07

6.スラ Jr.A(足立和也、
① 105.93 5 5 5 15 120.93
② 219.16 5 5 5 5 20 239.16

7.新潟大学探検部A(平川学、加藤寿紀、島田真至、金子美翔)
① 116.53 5 5 5 50 65 181.53
② 122.37 5 5 5 5 20 142.37

8.さよならマナベ(石田元子、加藤むむ、真鍋由紀、倉貫葉子)
① 162.12 5 5 5 50 65 227.12
② 146.09 5 5 10 156.09

9.スラ Jr.女子(矢澤亜季、寺垣光、松崎結、荒城祐佳)
① 147.49 5 5 10 157.49
② 319.62 5 5 5 50 65 384.62

10.スラ Jr.B(栗本慎吾、
① 161.23 5 50 55 216.23
② 355.02 5 50 50 5 50 50 50 260 615.02

11.新潟大学探検部C(斉藤航、佐藤けい、木村あゆ子、しゅうへい君)
① 140.68 50 50 100 240.68
② 124.44 5 5 50 5 50 115 239.44

12.石原とおると愉快な仲間たち(石原亨、伊藤健一、佐藤悠史、廣光健二)
① 211.33 5 50 5 60 271.33
② 223.09 50 50 50 50 50 50 300 523.09

大会開催インフォメーション

■開催!  ワンメイクのカヤッククロス・ゲーム"HERO CUP■"

集え! 5月18日は御岳へ
いますぐ急げ! エントリー

カテゴリーを超えて…
カヤッククロスの楽しさをともに体験

人気急上昇のカヤッククロスで競技デビューしませんか

ジャクソンカヤック社の【HERO】を36艇用意しました。
HEROで行う同一条件の"ワンメイクン・レース"です。
HEROは誰にでも乗りやすいポリエチレン製のリバー・ランニング・ボートです。
もちろんコースはロールが怪しい人でも気軽に出場できる設定にしました。

予選:スプリント・タイムレース
決勝:カヤッククロス(5名同時スタート、トーナメント方式)


■第1回ヒーローカップ・カヤッククロス・ゲーム■


い つ?        5月18日(日) AM9:00~
どこで?        御岳
主催は?        ホワイトウォーター・スラローム・ネットワーク
エントリーフィーは?  3,000円
エントリー受付は?   Eメールにて wsn@canoeber.jp
エントリー締め切りは? 5月8日(木)まで
問い合わせは?     Eメールにて wsn@canoeber.jp 090-1047-8467
大会の詳細は?     http@//www.canoeber.jp/wsn/


●要項

・主催:WSN/ホワイトウォーター・スラローム・ネットワーク
・後援:Sport FOR everyone 笹川スポーツ財団
・協賛:NPOカヌーセンター、SEEKTRUTH
・日時:当日9:00~、前日13:00~試乗できます。
・集合:JR青梅線 御岳駅近く

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。