JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ第3戦リザルト

■ワールドカップ第3戦/スイス大会リザルト■

開催日  28.-31. August
開催地  Thun/Switzerland,



20080827-29[1]

20080827-32[1]

ワールドカップ第3戦スイス大会にて松永和也選手が予選10位、クォーター・ファイナル8位でセミ・ファイナル進出しました。
惜しくもファイナル進出は逃しましたが(順位不明)、ドイツ大会に続く好成績を収めました。

また女子選手は惜しくもセミ・ファイナルに進出できませんでしたが各選手、健闘しました。
特に石田選手は10位のスイスのSarah Hangartnerとは3点差でした。


●男子K-1クラス/予選結果

クォーター進出20人→セミファイナル進出10人→ファイナル進出5人

予選結果
1.Peter Csonka(スロベニア) 1007
2.Stepen Wright(アメリカ)  1000 
3.Eric Jackson(アメリカ)   960
4.Dustin Urban(アメリカ) 793
5.Cas van Kalmthoud(オランダ)650
6.Mathieu Dumoilin(フランス) 590 
7.Daniel Herzig(オーストリア)567
8.Kuronen Tuomas(フィンランド)550
9.Nick Trounen(カナダ)    547
10.松永和也(日本)      547

●クォーター・ファイナル結果

1.Nick Troutman(カナダ) 1263
2.Stepen Wright(アメリカ) 1017
3.Peter Csonka(スロベニア) 823
4.Dustin Urban(アメリカ) 813
5.Mathieu Dunoulin(フランス) 710
6.Eric Jackson(アメリカ) 660
7.Simon Strohmeier(ドイツ) 643
8.松永和也(日本)     597 
9.Stepan Vohradsky(チェコ) 443
10.Tylor Curtis(ノルウェー) 440

●セミ・ファイナル結果

1.Nick Troutman(カナダ) 880
2.Stepen Wright(アメリカ) 580
3.Peter Csonka(スロベニア)560
4.Dustin Urban(アメリカ) 540
5.Mathieu Dunoulin(フランス) 527

●女子Kー1クラス/予選結果

セミファイナル進出10人→ファイナル進出5人

1.Ruth Gordon(カナダ)   273
2.Fiona Jarvie(イギリス) 263
3.Emily Jackson(アメリカ) 200

13.石田元子(日本) 77
15.服部千晴(日本) 70
20.倉貫陽子(日本) 50
23.加藤むむ(日本) 47


●セミ・ファイナル結果

1.Emily Jackson(アメリカ)  193
2.Ruth Gordon(カナダ)  180
3.Marianne Seather 120
4.Lenka- 110
5.Jutta Kiser 103


スポンサーサイト

ワールドカップ第2戦リザルト

■ワールドカップ第2戦/ドイツ・アウグスブルグ大会・リザルト■

開催日 23.-24.August
開催地 Augsburg/GERMANY
 
日本選手が活躍しました。
松永和也選手は予選を5位で通過してクォーター・ファイナルに進出。
セミ・ファイナルには僅かにおよびませんでしたが、12位と大健闘。
女子の石田元子、加藤むむの両選手は見事セミ・ファイナルに進出。
7位と8位という好成績を収めました。
第3戦のスイス大会が楽しみです。


●女子Kー1クラス(参加29名)

セミファイナル進出10人→ファイナル進出5人

1.Emily Jacson (アメリカ)    380
2.Ruth Gordon(フランス)    287
3.Maria Lindgren(スウェーデン) 250
3.Nina Halasovat(スロバキア) 250
5.Marlene Devillez(フランス) 170

6.Fiona Jarvie(イギリス) 203
7.石田元子(日本)     187 
8.加藤むむ(日本)     183
9.Claire O'Hara(イギリス) 33
10.Devon Barker(アメリカ) 30
25.倉貫葉子(日本)    17


●男子k-1クラス(参加76名)

クォーター進出20人→セミファイナル進出10人→ファイナル進出5人

1.Dustin Urban(アメリカ)   817
2.Peter Csonka(スロバキア)   787
3.Eric Jackson(アメリカ)   767
4.Simon Strohmeier(ドイツ)   700
5.Mathieu Dumoulin(フランス) 687

6.Stephen Wright(アメリカ) 683
7.Nick Troutman(カナダ) 650
8.Daniel Krummreich(ドイツ) 577
9.Seppi Strohmeier (ドイツ) 553
10.Jan Spindler (チェコ) 547

11.Cas VanKalmthoud(オランダ) 1097
12.松永和也(日本)     977 
13.Gerd Serrasolses(スペイン) 923
14.James Bebbington(ドイツ) 883
15.Martin Koll(ドイツ) 873
16.Jed Selby (アメリカ) 843
17.Jan Bubnic(チェコ) 807
18.Tuomas Kuronen(フィンランド)770
19.Tomasz Czaplicki(ポルトガル)650
20.Jiri Langer(チェコ) 490
25.八木達也(日本)      683  




オーシャン・フリースタイル全日本選手権大会の日程変更

第10回オーシャン・フリースタイル全日本選手権大会の日程が下記のように変更となりました

主   管:日本フリースタイル・カヤック協会(Japan FreeStyle Kayak Association)

主   催:Free Wave

日   時:2008年10月5日(日) 午前7時受付

会   場:千葉県長生郡白子町 九十九里 中里海水浴場又は白子海岸(剃金海水浴場)

ワールドカップ第1戦リザルト

■ワールドカップ第1戦/チェコ・プラハ大会・リザルト■

開催日 15.-17.August
開催地 Prague/Czech Republic 

日本の各選手は惜しくも全員、予選敗退でした。
今日から(8/22~24)は1993年に世界選手権が開催されたドイツ・アウグスブルグのアイスカナルでの2戦目が始まります。
日本選手の活躍に期待しましょう。


●男子k-1クラス(参加77名)

1.Peter Csonka(スロベキア) 980,00 666,67 363,33  980,00
2.Nick Troutman(カナダ)   840,00 630,00 830,00  840,00
3.Mathieu Dumoulin(フランス) 456,67 426,67 673,33 673,33
4.Eric Jackson (アメリカ) 180,00 663,33 670,00  670,00
5.Dustin Urban (アメリカ) 320,00 580,00 493,33 58

28.松永和也(日本)

●女子Kー1クラス(参加33名)

1. Fiona Jarvie (イギリス) 303,33 276,67 226,67 303,33
2. Emily Jackson(アメリカ) 80,00 220,00 303,33 303,33
3. Ruth Gordon (カナダ) 290,00 133,33 196,67 290,00
4. Jutta Kaiser(ドイツ) 283,33 196,67 40,00 283,33
5. Adriene Levknecht(アメリカ) 126,67 210,00 0,00 210,00

16.加藤むむ(日本) 
21.石田元子(日本)
27.倉貫葉子(日本)


北京オリンピック・スラローム結果

■スラローム日本代表選手、頑張りました■

C2の三馬・長尾ペアは見事セミ・ファイナルに進出。
結果は9位でした。

K-1の竹下百合子選手はなんと4位入賞。
上位選手がつぶれたとはいえ凄い結果です。
NHKでも放映したのですから凄いことです。

日本のカヌー界にとっておおいなる躍進です。

さて明日からは(日本時間本日)ワールド・カップの第1戦のチェコ大会が始まります。
北京のスラローム選手に負けず劣らず、日本選手の活躍に期待しましょう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。