JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本選手権/優勝者インタビュー

■優勝者インタビュー/KEENカップ全日本選手権■

男子SQTクラス優勝:石原 亨選手

20061128131446.jpg

20061128131508.jpg


Q.全日本選手権のチャンピオンになっての感想は
A.チャンピオンになるために練習してきたので満足です。

Q.全日本選手権のプレイのできは?
A.反省点を挙げればきりがありませんが、結果が良かったので満足です。

Q.今回は選考会を兼ねていましたが、プレッシャーはありましたか
A.選考会という事に関してのプレッシャーは特にありませんでした。

Q.今回の会場の「サーモン116」についての感想は
A.しっかり潜るミステリースポット、静水ではない複雑な流れがある  深いエディー、ジャッジの目の前で演技ができる河原。
  どの部分をとっても、私が過去10年間Sqクラスに参戦してきた  中でもっともすばらしい会場でした。  
  この場所を見つけてくれた地元Sqパドラーの中田氏に感謝します


Q.今回の会場での理想とするバラエティの組み立てについて教えてください
A.ミステリームーブとエディー内でのルーティーンをバランス良く組み合わせることが理想でしょうか。

Q.プレイについてどういうプランを考えていましたか?
A.高得点を出す事はもちろんですが、観に来てくれているお客さんに  楽しんでもらえるプレイを常に心がけています。

Q.全トライアルの中での快心のプレイは?
A.3トライ全てでミステリームーブの大きなダウンタイムを決められたことです。

注:ダウンタイムは各トライアル順に9秒、7秒、5秒でした。

Q.来年の世界選手権についての抱負他
A.当然優勝です。


写真提供:武田俊輔
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jfka.blog59.fc2.com/tb.php/102-b9bb2ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。