JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007ジャパン・フリースタイル・カヤック・Tevaサーキット・シリーズ第1戦東北大会

■Tevaサーキット・シリーズ第1戦東北大会■

2007年度の「TEVAサーキット・シリーズ第1戦東北大会」の大会要項が主催の東北フリースタイル・カヤック促進会から発表されました。

【大会要項】

●主  催:東北フリースタイル・カヤック促進会
      事務局 SOIL-W-PLAY
      TEL/FAX022-215-6691
●主  管:日本フリースタイル・カヤック協会
      事務局:大阪市北区中之島4-2-28 ヒュ―ス中之島1102
      TEL 06-6447-1161 FAX 06-6448-0980
●協  賛:SOIL-W-PLAY、ファンテック、朝日町
●特別後援:株式会社ゴールドウィン
●開 催 日:2007年4月15日(日曜日)
●開催場所:山形県西村山郡朝日町最上川カヌーパーク 通称 タンの瀬
●受付場所:山形県西村山郡朝日町最上川カヌーパーク駐車場
●競技種目:男子C-1 男子K-1 女子K-1
●参 加 費:¥6000円(ダブルエントリー¥7000円)
●定 員:50名
●表  彰:各クラス 1~3位
●競技方法:1トライアル45秒
・予 選:K-1男子・K-1女子・C-1。2トライアル2採用。
スタート順は昨年度のランキング順にて5~6選手で1グループ作り3トライアルを行います。各組スタート前に5分間のプラクティスを設けます。C-1は予選決勝になります。
      
・準決勝:男子K-1・10名。2トライアル1採用 
スタート順は予選下位より行います。
      
・決 勝:男子K-1・5名、女子K-1・3名か5名による
1トライアル1採用・ノックダウン方式スタート順は予選下位より行います。
出場人数が少数の場合、予選決勝の場合があります。
女子は参加選手8名以上の場合、決勝5名にします。
 
・スタートは、競技エリア内であればどの場所でも可能といたします。
競技時間内であっても競技エリア(ファールライン)をこえれば競技終了となります。
●審査方法:2007年JFKAジャッジングフォーマットに準じます。
テクニカル2審、バラエティー2審。
(競技方法、審査方法は変更する場合があります。)
●参加資格:日本フリースタイル・カヤック協会2007年度選手登録者。
心身ともに健康で、競技規則及びマナーを心得たセルフレスキューのできる方。
*高校生以下の選手は保護者の同意書を提出してください。
●審 査 員:2名がJFKA公認ジャッジ。
●出 場 艇:危険な改造をしていないもの。
●スケジュール:4月15(日)
7:30~8:00 受 付(駐車場)
8:15   開会式(駐車場)              

9:00~     競技開始:予選~決勝
16:00     競技終了
16:30   表彰式(駐車場)
(スケジュールは変更される場合があります)

●エントリー期間:3月16日(金)から3月31日(土)まで
31日まで申込用紙FAX・選手登録・大会費入金をお願いします。
申込用紙をFAX・郵送にて下記事務局まで送付してください。
*尚、エントリーフィーは3月31日までに下記口座にお振込みか、現金書留にて下記事務局まで郵送して下さい。
学生(中学・高校・大学・専門学校)はエントリーフィーが半額となりますので、エントリーのときに学生であることを明記してください。

《振込口座》七十七銀行 本店 普通 7662548 ソイルダブルプレイ 梅原宙
●申し込み先:SOIL-W-PLAY ソイルダブルプレイ
宮城県仙台市青葉区一番町1-13-16 〒980-0811
TEL/FAX022-215-6691
●その他:レスキューは選手相互のレスキューを基本とします。
1番の選手の試技時、最後から5人が救助体制をとり、競技終了後の選手は、次の選手の救助体制に入る。常時5名が救助体制に入る。
競技中の事故ついては、応急処置はいたしますが、傷害保険(死亡10,000万円 入院1日5,000円 通院1日3,000円、治療費は不担保)以外の責任は負いません。

周りの農園内はテント設営・駐車禁止です。御協力お願いします。

■当日の天候、川の状況により大会内容の変更、延期または中止する場合がありますが、
エントリー後のエントリーフィーは、試合放棄と同様に返却は致しません。

■当日各種取材等がありますが、今大会期間中の取材撮影は商業的な行為であっても、WWロデオの発展促進のため、大会本部はすべて許可致します。
不都合のある選手は申し出てください。但し、その場合選手がメディアを選択することはできません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jfka.blog59.fc2.com/tb.php/112-bfe47366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。