JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本オリンピック委員会の公式サイトにカヌー登場



日本オリンピック委員会の公式サイトにカヌー登場


フリースタイル競技でもおなじみの三馬正敏選手がオリンピックの公式サイトの「チームジャパン、いざ北京へ」にパートナーの長尾寛征選手とともに登場しています。

フリースタイルに関しては、今年はまだ一度も出場ない三馬選手ですが、しっかりと選手登録だけは済ましています。
オリンピック終了後にはフリースタイルの大会にも出場するのではないかと思います。

その三馬選手は現在、ヨーロッパを転戦中ですが、なんとJOCの公式サイトにインタビューとともに紹介されています。


下記は紹介記事からの転載

●JOC北京2008の公式サイト

http://www.joc.or.jp/beijing/


第29回オリンピック競技大会(2008/北京) チームジャパン、いざ北京へ。

三馬正敏選手、長尾寛征選手 (カヌー)


三馬正敏選手
落ち着いて、冷静に、自分達の納得のいくレースが出来れば、おのずと結果はついてくると信じています。
オリンピック出場が決まってからは急に慌しくなりましたが、自身の心境的な変化は特にないと思う。大舞台だからといって、気負いすぎるのは良くない。「あと1ヶ月しかない(焦)」じゃなく、「あと1ヶ月、充分なトレーニングをやれるんだから、むしろ余裕」的な気持ちでオリンピックまで過ごしていきたい。
不安としては、観衆の中でのレース。日本ではマイナー競技のため、そういう状況下でのレースはほぼない。少しでも海外のレースに出て、そういう状況に慣れておきたい。
良いトレーニングと良い休養を取り、落ち着き、冷静にレースが出来れば最高の自分が出せると思う。


長尾寛征選手
北京オリンピック出場が決まったときは、正直ホッとしました。それから色々な方にお祝いと激励の言葉をいただき、自分が本当にたくさんの人に支えられているということを再確認しました。
今は気持ちを切り替え、残りの限られた練習時間を精一杯こなしていきたいです。そして本番ではリラックスした状態でスタートしたいと思います。
また、僕達の頑張りが、カヌーという競技を知っていただくきっかけになり、カヌー競技の活性化につながっていけば嬉しいです。


(2008.7.18掲載)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jfka.blog59.fc2.com/tb.php/178-b3c8cbfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。