JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界選手権レポート

■世界選手権現地レポート2■  大沢 匡

大会3日目は、女子K-1予選、女子SQ予選、男子SQ予選、セミファイナルが行われました。

女子8組での予選が行われ、谷むむ選手が1組の1番スタートとなりました。
10:00のほぼ時間通りにスタートを切った谷選手は、1本目は緊張のためか、すぐにアウトしてしまいましたが、2本目は45秒をほぼフルに使ったライディングでラウンドハウス、ブラント、クリンスピンなどが決まりました。
これに気分をよくした谷選手は、2本目、3本目、4本目と同じ組の選手が点数を上げられないなか、一人気分良くライディングし(本人談)、171,667Pで1組の最高得点、全体では11位を獲得し、見事クォーターファイナル(上位20名)進出を決めました。

続いて、6組出場は石田選手と末松選手です。
石田選手ほぼ45秒を使い切るライディングを2本揃え、ラウンドハウス、ブラント、スーパークリンスピンが決まり、205,000Pを獲得、予選10位を獲得してこちらも見事クォーターファイナル進出を獲得しました。

日本女子のしんがりは、石田選手と同じ6組の最後にライディングするす末松選手です。
国際大会が初の末松選手は、緊張からか、試技最中の目は完全にイッておりました。
全力を尽くしたようですが、23位で惜しくも予選通過は叶いませんでした。

女子SQは石田選手が切れた演技をしたにも関わらず、予選2位で通過。
男子SQの石原選手は、他の選手が使用しない対岸からミステリーを狙い、見事成功。
フラットでの演技もルーチンどおりに決まり、1位で予選通過しました。
続いて行われた男子SQセミファイナルでは、予選同様切れた演技を見せましたが、一歩及ばす2位で通過しました。


IMG_1869.jpg
IMG_1923.jpg
IMG_2317.jpg
IMG_2374.jpg
IMG_2428.jpg
IMG_1901.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jfka.blog59.fc2.com/tb.php/216-b0d16d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。