JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ出場選手インタビュー

■出場選手インタビュー/犬飼聡子選手

P1010673_.jpg


Q:ワールドカップの雰囲気はどうでした
A:ピリピリした感じはありませんでした(直前には多少はあったと思 いますが)。
  サーキット戦ということもあると思います。
  宿泊もほとんどの選手が同じ場所だったのでいい感じがしました。
  アメリカ・カナダ選手で8割を占めていたと思います

 
Q:今大会に参加しての感想は
A:最高に楽しめました!楽しいんです。
  見ていて、プレイして、今までで最高でした。
  そして「世界の飛び技ってスッゲー!」です。


Q:大会会場はどんなホールorウェーブ? コンディションは
A:全てにおいて超!最高です。
  大会当時のコンディションは最高にいいと思います。
  ほとんどのウェーブ系の技が出せる場所なのではないでしょうか。
  場所を言葉にするなら、超早い・荒れてる・デカイですね。
  私はあれだけ強いウェーブに乗ったことがありませんでした。
  フネを制御なんて甘いことはできませんでした。
  とにかくフネがバンバン跳ねすぎるんです。
  初日はお腹の底から怖くて上手く力が入らなかった。


Q:大会のリザルト(結果)についての感想は
A:欲を言えばセミに残りたかった。
  でも、実力・気力からすると10位はいいほうだと思っています。 
  満足です。


Q:世界のレベルをどう感じましたか
A:スゴイです。カルチャーショックを受けました。
  日本ではあれだけのエアー技を見たことが無かったので。
  女子でもパンナム・エアスクリュー・バックスタブを決めてきます。
  でも、日本人から遠いい距離ではないと感じました。
  場所がないから試せないだけだと。  
  実際、小森・松岡・コーヨー・高橋日本人選手は徐々に決めてきました。
   

Q:今回の大会に参戦して何を一番学びましたか
  または何が勉強になりましたか
A:やりたい技はどんどん試せ!と痛烈に感じました。
  場所が無いとかは大きな問題じゃないんだなって。
  だってないものはしょうがない!工夫するしかない!
  これからやっぱり女子もパンナム・エアスクリュー・バックスタブでしょ!
  飛び技はカッコいいです。
 

Q:大会トータルで自分の実力の何%がだせましたか
A:120%ですね。45秒残ってできたし。
  エアーブラントを決めたかったなとは思っています。


Q:100%出せなかった理由は
A: 

Q:大会に参加して自分に何か足りないと感じましたか
A:気力・体力。日頃のサラリーマン生活でここまで蝕まれているとは思いませんでした。
  「一週間自由に漕いでいいんだよ」、と言われてもおかしなことに漕げないんです。
  毎日長時間漕いだことないし、漕ぐか寝るかの生活はかえって辛かった。
  体は痛いし、でも漕ぐ為にきているし。
  純粋に選手になりきるのには難しかった。
  せっかく時間とお金と迷惑をかけて行っているのに、馬鹿だなと思います。
  ちょっと愚痴ったら小森選手にかなりきついお叱りを受けました。  
当然ですけどね。


Q:今大会で気になった選手はいましたか
A:ターニャ・フォックスに惚れました。一目ぼれです。
  この気持ちは押えられませんね。


Q:ボートの差はありますか
A:あると思います。
  ガーブでは小さいボートが好まれていたように思います。
  そして走り過ぎないで跳ねるボート。
  来ている選手によるのかライオット社のボートをあまり見かけませんでした。
  ですが有名サポートライダーにはそんなことは全く関係ないですね。
  さすがプロです。
  もちろん!ジャクソン使用率が一番でした。(入賞者も!)


Q:ジャツジングはバラエティ・ポイントだけの採用でしたが、どう思いますか?
A:今回の会場には良かったと思います。
  技の数が多く出せますから。
  大技狙ってやってできた者勝ちでいいと思いました。
  ですが、出せない場所ではかなり厳しく同点もかなりあると思います(0ポイントやマイナスもあり)。
  場所によっては採用できないところもあると思います。


Q:各クラスによって違うと思いますが、日本人の実力は世界の中でどの程度ですか
A:場所によると思います。日本人選手に得意な場所がありますから2戦・3戦とか・・)
  今回のガーベレーターでは歴然とした「差」がありました。
  試合内容からみたら真中より少し下辺りかな。。。
  男女共にです。   


Q:海外のパドラーと比較して、日本人の良さみたいなものはありますか、また感じましたか
A:「吸収しよう!」という姿勢が一番見えた気がします。
貪欲なところがいいところではないでしょうか。


Q:日本の選手に伝えたいことがあれば
  寒山寺でヘリックスありです!

Q:来年の世界選手権への意気込みは
A:今は考えていません。
  ちょっと仕事も真剣にしたいですね。キャリヤアップっす!


Q:フリーコメントです。感じたこと、思ったことを自由に

A:たくさんの方にご協力・ご相談・ご支援を頂きました。
  ありがとうございます。行ってよかった。
  今まで見てきたエアー系の技を有名選手が目の前で本気ライドでやってくれるんです!
  DVDのいいとこ撮りぎゅっと凝縮です。口ポカーンでしたね! 
  なんか自分もできる気で日本に帰ってきちゃいました!
これからどんどん試します。
  肩が外れたら是非!レスキューをお願いします。
  みんなでどんどん「スッゲー!」ムーブを試して行きましょう!
 やっぱりカッコよくなきゃね。


●犬飼聡子選手のブログにてオタワ大会の写真を沢山、見ることができます。
【F r e e L i f e S t y l e やっぱり!“川”はサイコーだよ】
 http://roomsato.blogzine.jp/freelifestyle/

P1010780_.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jfka.blog59.fc2.com/tb.php/82-27feb41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。