JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ出場選手インタビュー

■出場選手インタビュー/小森信太郎選手■

20060914112358.jpg


Q:ワールドカップの雰囲気はどうでした
A:良かったと思う。選手が皆楽しんでやってるのが伝わってきた。
  地理的に少し観戦しにくいのが残念。


Q:今大会に参加しての感想は
A:場所的に日本人にとって最も不利なのは分かっていたが、滅多に海外遠征できないので、自分がいちばん漕ぎたい場所を選んだ。
  やはり場所的には最高でした。


Q:大会会場はどんなホールorウェーブ? コンディションは
A:非常に流速が早く、落差があり荒れたウェーブ。
  慣れるのにかなり時間がかかった。
  大会5日前に現地入りしたが、その日が最も良く徐々に減っていった。
  大会当日はバックウォッシュが若干荒れていて自分的にはかなり難しかった。
  ただ他の外人選手をみると、いとも簡単にルーティーンをこなしていた。


Q:大会のリザルト(結果)についての感想は
A:34位。
  3本2採用それなりが1本で後2本はエントリーしてすぐフラッシュしたためマイナスだと思う。(フラッシュ1でマイナス6点)
  自分のライドが出来れば、セミファイナルは行けると思っていただけにきつい。
  でも実力でしょう。海外有名選手はほとんど残ってるわけですし。


Q:世界のレベルをどう感じましたか
A:日本で考えていたほどは離れていないと感じた。
  たしかにトップ選手は安定してスーパープレイをするが、そのほとんどが練習でなんとかなる範囲だと思う。
  ただ、ガーベレーターのようなビッグウェーブに日本で乗れる機会はほとんど無いわけで、
  その点を考えると現状のカヤックスタイルだとなかなか難しい。
  代替案を模索中です。


Q:今回の大会に参戦して何を一番学びましたか。
  また何が勉強になりましたか
A:向こうの連中はとにかくウェーブに乗りなれてると感じた。
  当初荒れたウェーブに手こずって、こちらが長乗り出来ないでいるのにブラントくらいしか出来ない女子選手が延々と乗っている。
  またトップ選手にしても、とにかく貪欲に長乗りしようとする。
  スーパープレイをやれるかぎり5分くらいやったりする。
  自分からホールアウトすることはまずない。
  これは日本選手にはほとんどない気がする。


Q:大会トータルで自分の実力の何%がだせましたか
A:練習だけでいうと当初の目標の8割は達成出来た。
  ただ、本番の内容があまりにもお粗末なため自分的には0点。


Q:100%出せなかった理由は
A:練習の際、安定感の無さが若干気になっていたが、まさにそれが出た。
  最も大きな理由はウェーブに乗れる期間が短かったこと。
  またホップのタイミング等を含めて、特に3本目は決定的に運がなかった。


Q:大会に参加して自分に何か足りないと感じましたか
A:いろいろあるが、一番は海外でパドリングする機会。

Q:今大会で気になった選手はいましたか
A:スロバキアのPETER・CSONKA選手。
  知らなかっただけにプレイを見て驚いた。華麗さとパワーを併せ持っている。
  他には名前を忘れたが、C-1の1・2位の選手。
  k-1に出場して決勝に出ても、全く遜色がないどころか、K-1/1位のステファンの上をいっているとさえ感じた。


Q:ボートの差はありますか
A:ガーベレーターでは長く走るより、ロッカーがしっかりついていて跳ねるボートが断然有利。

Q:ジャツジングはバラエティ・ポイントだけの採用でしたが、どう思いますか?
A:この場所のように多彩なバラエティが出せるポイントなら良いと思ったが、そうでなければ、点数配分に
  無理があると思う。


Q:各クラスによって違うと思いますが、日本人の実力は世界の中でどの程度ですか
A:今回の場所で言えば、かなり低いと思う。
  理由はゲレンデが少ないことと、選手の絶対数の問題で切磋琢磨のレベルが違うこと。


Q:海外のパドラーと比較して、日本人の良さみたいなものはありますか、また感じましたか
A:特に感じない。(スイマセン)

Q:来年の世界選手権への意気込みは
A:もちろん行きたいですが、どうでしょう・・

Q:フリーコメントです。感じたこと、思ったことを自由に
A:今回の遠征で得たものを形にして少しでも多くの人に伝えれたらと思います。
  フリースタイルについて分からないことや考えてることがあれば、気軽に話しかけて下さい。
  応援してくれた皆さん本当にありがとうございました


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jfka.blog59.fc2.com/tb.php/83-8c1d2a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。