JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ出場選手インタビュー

■出場選手インタビュー/高橋佳宏選手■

Q:ワールドカップの雰囲気はどうでした
A:3戦とも雰囲気は良かったです。

Q:今大会に参加しての感想は
A: トップパドラーと一緒にプレイできてホントに楽しかった!

Q:大会会場はどんなホールorウェーブ? コンディションは
A:第一戦のガーベレーター(カナダ・オタワ)は早くてでかいウェーブ。
  ラーメンウェーブ(岐阜・板取川)をでかくした感じ。
  第二戦はホール。ちょっと浅い。マイルドな井田?当初ウェーブが予定されていたが水量の関係で前日に急遽変更となった。
  第三戦のロックアイランド(テネシー州)はウェーブホール。
  かなりマキが強いがホール技はあまりできない。
  かといってウェーブの技がしやすいわけでもない。。。


Q:大会のリザルト(結果)についての感想は
A:うまいやつが勝つ!

Q:世界のレベルをどう感じましたか
A:高いです。

Q:今回の大会に参戦して何を一番学びましたか。
  また何が勉強になりましたか
A: 楽しむために参戦しているので勉強はしませんでした。。

Q:大会トータルで自分の実力の何%がだせましたか
A:100%。たとえいくら練習でのれていたとしても、競技である以上は精神力や運の良し悪しも含めて大会の結果がそのカヤッカーの競技者としての実力だと思います。

Q:100%出せなかった理由は
A:。。。

Q:大会に参加して自分に何か足りないと感じましたか
A:環境

Q:今大会で気になった選手はいましたか
A:たくさん

Q:ボートの差はありますか
A:ない

Q:ジャツジングはバラエティ・ポイントだけの採用でしたが、どう思いますか?
A:いろんな技がみれて楽しい。
  ただ高得点を出す為のルーティーンがおのずと決まってしまいがちなので各選手のプレイスタイルの差が出にくいかも。
  僕個人としては決められたルーティーンをなぞるのはフリースタイルと呼びたくないです


Q:各クラスによって違うと思いますが、日本人の実力は世界の中でどの程度ですか
A:競技である以上結果がすべてと考えれば、国としての実力は中以下と言わなければならないでしょうか。
  個人としてはトップレベルにかなり近いパドラーもいると思います。


Q:海外のパドラーと比較して、日本人の良さみたいなものはありますか、また感じましたか
A:日本人とか外国人とか関係なく、よさは人それぞれだと思います。
  とりたてて日本人だからというのは感じませんでした。


Q:来年の世界選手権への意気込みは
A:まずはひとやすみしたいと思います。

Q:フリーコメントです。感じたこと、思ったことを自由に
A:最終結果はまたしてもEJの総合優勝となりましたが、大会を通して特に感じたのは若いカヤッカーの活躍がめざましいこと。
  世界のトップパドラーは少なくとも十代でカヤックを始めているような人がほとんど、早ければダンのように3歳ぐらいから。
  日本も近い将来そうなれば国際大会で活躍するカヤッカーも出てくると思います。
  ただ、大会がカヤックの全てではないので、あまり大会ばかりに根を詰めすぎないようにして、日本人のカヤッカーにもいろんな視野をもってカヤックを楽しんでもらえるといいなと思います。
 
  失礼は承知でJFKAにも一言。
  大会が終わってからブログのネタのインタビューを選手に求めるだけでなく、大会が始まる前にほんの少しでも選手に対するサポートをお願いします。
  ちなみに、大会に関するJFKAから僕へのコンタクトは ”ワールドカップは選手個人でエントリーをお願いします。” といった内容のメールを一通受け取っただけです!
  今後ともよろしくお願いします!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jfka.blog59.fc2.com/tb.php/87-5b82f7b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。