JFKA/日本フリースタイル・カヤック協会公式ブログ

1990年に設立されたJFKA/日本フリースタイル・カヤック協会の公式ブログです。 フリースタイル・カヤック競技の大会主催・運営の他、2007年まで世界選手権、ワールドカップ等へ日本代表チームを派遣していました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ出場選手インタビュー

IMG_0732nnn.jpg


■出場選手インタビュー/伊藤健一選手■

Q:ワールドカップの雰囲気はどうでした
A:2戦・3戦に出場しましたがすごくよかったです。

Q:今大会に参加しての感想は
A:しょぼいスポットにも光が見えてきました。

Q:大会会場はどんなホールorウェーブ? コンディションは
A:ブラックリバーは、幅のせまいウェーブと浅いウェーブホールをくっつけた感じ。
ロックアイランドはすごく荒れたウェーブホール。


Q:大会のリザルト(結果)についての感想は
A:満足はしていません。次に繋げたいです。

Q:世界のレベルをどう感じましたか
A:非常に高い。

Q:今回の大会に参戦して何を一番学びましたか。
  また何が勉強になりましたか
A:技に対する姿勢と体の動き。

Q:大会トータルで自分の実力の何%がだせましたか
A:70%くらいかな。

Q:100%出せなかった理由は
A:国際大会での経験不足と、現地で説明されたルールをしっかり理解出来ていなかったこと。

Q:大会に参加して自分に何か足りないと感じましたか
A:初めて漕ぐスポットでもすぐに実力が発揮できる適応力と、荒れたスポットでのボートコントロール。それとやっぱ英語力。

Q:今大会で気になった選手はいましたか
A:Ed Smith
ダイナミックなプレイスタイルがとても印象的だった。


Q:ボートの差はありますか
A:あるんじゃないでしょうか。

Q:ジャツジングはバラエティ・ポイントだけの採用でしたが
、どう思いますか?
A:今大会はすごく見ごたえがあったし、個人的には好きです。
でも日本の大会で考えた場合、会場によっては採用が難しいんじゃないでしょうか。


Q:各クラスによって違うと思いますが、日本人の実力は世界
の中でどの程度ですか
A:中くらいじゃないでしょうか。

Q:海外のパドラーと比較して、日本人の良さみたいなものは
ありますか、また感じましたか
A:バランスの取れた食生活。

Q:来年の世界選手権への意気込みは
A:出場してでかいムーブ決めたいです!
Q:フリーコメントです。感じたこと、思ったことを自由に
A:しょぼいスポットでもほとんどの大技が出来るということが分かりました。
パドリングに対する姿勢と技のイメージをさらに作り上げて行きたいです。応援して下さった皆さんありがとうございました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jfka.blog59.fc2.com/tb.php/89-7674467b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。